コミュニケーション課題を総合的に解決する広報・PR(パブリックリレーションズ)サービスを提供いたします。

OZMA PR

お問い合わせ

事例

CASE STUDY

オズマピーアール、国立国語研究所と「オノマトペ」でコミュニケーション課題の解決を目指す産学共同プロジェクト『オノマトペラボ』をスタート

2013.10.18広報担当

~研究第一弾は医療コミュニケーションをテーマにした「メディカルオノマトペ」~

株式会社オズマピーアール(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:境 信幸)は、大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所(所在地:東京都立川市、所長:影山 太郎、略称:国語研)とオノマトペによりコミュニケーション課題の解決を探る共同プロジェクト『オノマトペラボ』を2013年9月13日より発足いたしました。

オノマトペとは、「ザーザー」「ふらふら」など、擬音語、擬声語、擬態語の総称を示すフランス語で、日本語には特に数が多いと言われています。また、「ゲラゲラ」と「クスクス」のように、同じ「笑う」という行為でもニュアンスの違いを直感的に共有できる優れた性質を持っています。本プロジェクトはオノマトペのこうした性質に着目し、日本各地のオノマトペを収集・整理しながら、現代社会におけるコミュニケーションのさまざまな課題に向けた、新たな活用法やコンテンツなどを提案していきます。

『オノマトペラボ』は、日本語オノマトペ研究者である明治大学の小野正弘教授に総合アドバイザーとして参画いただいているほか、研究テーマの内容に応じて、内外の研究者、学術団体、企業、メディアなどと連携し、より具体的なソリューション提供を目指していきます。また、ラボのwebサイト(http://onomatopelabo.jp/)は本日10月18日に本格オープンいたしました。このサイトでは一般参加型のコンテンツも用意し、訪問者が楽しみながらオノマトペへの理解を深めつつ、将来的にはオノマトペの「今」を収集、分析できるような仕組みも備えていきます。

本プロジェクト最初の取り組みは、「メディカルオノマトペ」と題し、医療現場におけるコミュニケーションをテーマにオノマトペが果たす機能についての可能性を探ります。中でも多くの疾患で主訴となる「痛み」に着目し、疼痛患者4,505人を対象としたオノマトペ調査を行っております。なお、本研究においては日本大学総合科学研究所の小川節郎教授に監修をいただいているほか、病院検索・薬検索・医療情報サイトのQLife(http://www.qlife.jp/)の協力により進めております。

PR会社であるオズマピーアールと、日本語研究の国際的拠点である国語研は、本プロジェクトで双方の知見を共有、研究することで社会に資するさまざまなソリューションを提供していくことを目指してまいります。

■株式会社オズマピーアール
1963年設立以来、日本での活動のパイオニア的存在として業界をリードしてきた総合PR会社。豊富な経験とケーススタディを持ち、国内外の企業、政府関係機関、公的団体などをクライアントに、総合的な広報PR活動を行なっている。
http://ozma.co.jp/

■大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所
日本語研究の国際的拠点として国内および海外の大学・研究機関と大規模な共同研究を展開している。共同研究の成果は広く社会に発信・提供し,様々な応用研究に役立てることも重要な使命としている。
http://www.ninjal.ac.jp/

「オノマトペラボ」担当研究員
・竹田晃子 特任助教
・田中牧郎 准教授

■明治大学 小野正弘教授
1958年、岩手県一関市に生まれる。東北大学大学院文学研究科(国語学専攻)出身。東北大学文学部助手、鶴見大学文学部専任講師、助教授、教授を経て、2001年から、現職の明治大学文学部教授。専門は、日本語の歴史で、語彙と文字の歴史、意味変化の研究などを行なってきた。近年は、特に、日本語オノマトペについて、形成のしくみ、歴史、詩歌等のジャンルにおける特徴などについて、研究を重ねている。

■日本大学総合科学研究所 小川節郎教授
<専門分野>
麻酔薬と交感神経機能、痛みの制御に関する基礎的・臨床的研究
<主な所属学会>
日本麻酔科学会(名誉会員)、日本ペインクリニック学会(代表理事)、日本疼痛学会(理事)、日本臨床麻酔学会(監事)、日本慢性疼痛学会(理事長)、日本レーザー治療学会(理事)、世界ペインクリニック学会(WSPC) 他

【本リリースに関する問い合わせ先】
・株式会社オズマピーアール
 担当:アカウントプランニングユニット2部 榑林佐和子、伊藤隆彦、田中日奈子
 TEL:03-4531-0208/ FAX:03-3265-5135
・大学共同利用機関法人 人間文化研究機構国立国語研究所
 TEL:04-540-4300(代表)

【オノマトペラボwebサイト】
http://onomatopelabo.jp/

<トップページ>
オノマトペラボ

 

■ 関連リンク

関連事例

戦略PR事例 「医療と言語をPRで繋いだオノマトペラボとは?」

2015.04.23

戦略PR事例 「医療と言語をPRで繋いだオノマトペラボとは?」

ある日、10年来のクライアントのファイザー株式会社から、一つの依頼をいただきました。それは、多くの人が悩みつつも放置している慢性的な「痛み」に関するもので、症状のある人に医療機関の受診を啓発するとともに、医師側でも患者さんをスムーズに受け入れられるようにする、そんなPR活動を行いたいという案件でした。 感じていながら放置してきた「痛み」をきちんとお医者さんに診てもらうために 厚生労働省が実施した「慢性の痛みに関する検討会」(平成21年)によれば、慢性的な痛みは生活の質を著しく低下させ、就労困難を招くなど、社会的損失が大きいと指摘されています。にもかかわらず日本では痛みを我慢することが美徳とされる傾向があり、慢性疼痛患者を対象としたアンケート(2012年/ファイザー調べ)でも「痛みは我慢する」(74.3%)、「病院に行くほどでもない」(31.2%)という結果が出ていました。 彼らの多くはマッサージを受けたり、市販薬を服用しますが、なかなか医療機関には行きません。なぜ慢性の痛みを抱えている患者さんは医療機関に行かないのでしょうか。同調査を見ると「治療に不満がある」(45.7%)、「病院の変更経験あり」(65.4%…

2015.04.23広報担当
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

お電話での各種お問い合わせはこちら

03-4531-0229 03-4531-0229

(受付時間/土日祝日を除く10:00~17:00)

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

お電話での各種お問い合わせはこちら

03-4531-0229 03-4531-0229

(受付時間/土日祝日を除く10:00~17:00)

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220