ニュース

NEWS

2020.01.29

【ヘルスケア調査】 生理は「面倒くさいもの」?「あって当たり前のもの」? 1,400人対象の意識調査で、男女間での認識の違いが浮き彫りに

広報担当

2020年1月29日

テトテトプロジェクト、Women’s well-being推進プロジェクト


生理は「面倒くさいもの」?「あって当たり前のもの」?
1,400人対象の意識調査で、男女間での認識の違いが浮き彫りに
女性が抱える「生理にまつわる困りごと」への男性の意識低く


 総合PR会社株式会社オズマピーアールと医療特化型PR会社のジェイ・ピーアールは、医療・福祉・ヘルスケア領域に関わる方々と協同し、人々の健康にまつわる社会課題解決に取り組む「テトテトプロジェクト」を展開しています。

 これまで「テトテトプロジェクト」では、LGBTの方々が医療現場で直面されてる課題や、昨今ニュースでも多く取り上げられている見た目問題(外見の症状を持つ方々が直面する問題)等をテーマに取り上げ、各領域のプロフェッショナルの方々との議論を深めてまいりました。

 そして今回は、女性特有の「生理(月経)」に関して、性別、年代、セクシュアリティ、職業など様々な立場の違いから生じるコミュニケーションギャップがあることに着目し、ドキュメンタリー映画の制作を通して一石を投じようと試みる監督 朴基浩(ぱく・きほ)氏、産婦人科医であり青少年を中心に性教育活動も行う遠見才希子(えんみ・さきこ)氏にもご協力いただき、生理をひとつの入口として女性の「Well-being(心身また社会的に良好な状態であること)」に多角的に向き合い、考えていくためのプロジェクトを立ち上げました。

 これに伴い、社会全体における生理に対する認識を明らかにすることを目的とし、全国の15~79歳の男女1,400人※を対象とした調査を実施しました。(※「その他」の性別は出現なし)

 生理に対するイメージでは、男女とも「子どもを生むために必要な現象」との回答が最も多く、全体で44.5%を占めました。しかしながら、女性で第2位に挙がった「面倒くさいもの、わずらわしいもの」(42.6%)は、男性では30ポイント以上低い12.5%(第9位)にとどまるなど、男女間におけるギャップがみられました。

 また、女性に生理期間中やその前後での困りごとを聞いた結果、「頻繁にトイレに行く必要がある」(43.3%)が最も多く、次いで「ファッションが制限される」(31.3%)が挙げられるなど、日常生活に直結する内容が目立ちました。一方、男性にも女性が困っているであろうことを質問したところ、これらを挙げた人の割合はそれぞれ1割台にとどまるなど、生理にまつわる女性の困りごとについて、男性の認識が低いことが浮き彫りになりました。

 その他の結果や詳細は、「『生理』への意識に関する白書2020」を御覧ください。
 

 

 

Women’s well-being推進プロジェクト 参画メンバー プロフィール】

■朴 基浩(ぱく・きほ) 氏〔TW:@kihopa〕

立命館アジア太平洋大学(APU)卒業後、通信制や定時制の高校生が卒業後に進路未決定にならないための活動を展開すべく、NPO法人D×P(現:認定NPO法人D×P)を設立。学校とのプログラム連携、TEDスピーチへの出演、世界会議への日本代表として出席。2015年9月に代表を退任後、映像制作活動をはじめる。監督を務めたCMが宣伝会議主催「ものがたりアワード」にてグランプリを受賞。そのほかにも自治体の啓発のための映像、ミュージックアーティストのMusic Videoをてがける。

 

 

■遠見 才希子(えんみ・さきこ) 氏

産婦人科医。1984年、神奈川県生まれ。2005年、聖マリアンナ医科大学在学中より性教育の活動を始める。中高生や教員からの圧倒的な人気を受け「えんみちゃん」のニックネームでこれまで全国700ヶ所以上で講演を行う。正しい知識を説明するだけではなく、経験談を本音で語る等身大の言葉が「心に響く」とテレビ、全国紙でも話題に。現在、筑波大学大学院社会精神保健学分野博士課程に在籍し、性暴力・人工妊娠中絶の調査を行う。 著書『ひとりじゃない』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、DVD教材『自分と相手を大切にするって?えんみちゃんからのメッセ-ジ』(日本家族計画協会)

 

 

テトテトプロジェクトについて https://ozma.co.jp/tetoteto/

総合PR会社のオズマピーアールと、医療特化型PR会社のジェイ・ピーアールがさまざまなヘルスケアに関わる組織・個人と共にコミュニケーション課題の解決に取り組むプロジェクトです。

※関連リンク:『生理』への意識に関する白書2020

 

 


【問い合わせ先】

Women’s well-being推進プロジェクト 広報事務局

肥高/津川/高橋(㈱オズマピーアール内)

Eメール:healthcare@ozma.co.jp TEL03-4531-0212 FAX03-6677-1000

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メンバーインタビュー
MEMBER INTERVIEW

詳しくはこちら

メンバーインタビュー
“メンバーインタビュー“
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)
はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220