コミュニケーション課題を総合的に解決する広報・PR(パブリックリレーションズ)サービスを提供いたします。

OZMA PR

お問い合わせ

コラム

COLUMN

世界初の“アニメちっくアイドル”桃知みなみさんから学ぶ!インターネットとリアルで幅広くファンを獲得するセルフブランディングとコミュニケーションの極意とは?

2015.02.24金井・登坂・柞山

桃知みなみさん1

桃知みなみ」というアイドルをご存じでしょうか。ブログやニコニコ動画から活動を広げ、いまやTV番組のレギュラーや、クラブイベントでのDJ、国内超大物歌手のライブや海外イベントでのMCなど幅広く活躍し、ネットユーザーに限らず幅広い層のファンを獲得している注目のアイドルです。その姿はまさしく“世界初のアニメちっくアイドル”。まるでアニメの世界から飛び出してきたかのようなキュートな印象や仕草、可愛げのある声が魅力です。
テレビ東京の番組では、レギュラー出演者としてネットユーザーと共に様々なプロジェクトを進めてきた経験を持つ桃知さんは、いかにしてファンの心をつかみ、現在の人気を築いたのか。
今回はそんな桃知さんから直接お話を伺い、これまでの活動や今後の展望を聞き、Webからダイレクトコミュニケーションをまたいで評判を醸成していく、そのコミュニケーションの極意を探っていきます。


■初めはホワイトボードでコミュニケーションしていた!?

桃知みなみさん2挨拶も早々に桃知さんが差し出してきたのは、自身のイラストが描かれた“アメ”。頭の髪飾り(ご本人曰く“頭に生えたイボ”)から出てきたアメは、念じると湧き出てくるのだそう。聞くと、小さなお子様とのコミュニケーションに有効なほか、海外での活動も多い桃知さんにとっては、言葉の通じない他国のファンとの溝を埋められる重要なツールなのだそう。

 

――桃知さんが活動を始められたきっかけは何だったのでしょうか?

*以降、“もっち”という語尾は桃知さんの口癖になります。
デビューしたのは、テレビ東京の「アニソンぷらす」という番組でアシスタントとして出演したのが最初だもっち。パパもっち(*注:お父様のこと)とテレビ東京のプロデューサーさんがお友達で、娘のもっちのことを「可愛い」って紹介したことがきっかけだもっちよ。
元々アイドルに憧れていて、いつかアイドルとしてデビューしたかったんですけど、すごく恥ずかしがり屋で。自分の声にコンプレックスがあったから、デビューしてから2年間は今のように喋らず、ホワイトボードで会話するようにしてたんだもっち。

――ホワイトボードですか!?いまのように話し始めたきっかけは何だったのでしょうか?

初めはそのやり方が認められて評価されてたんですけど、ファンの方と交流したり、テレビやイベントに出させていただいているうちに、コミュニケーションに時間がかかってしまうのがもどかしくなってきたんだもっち。だから勇気を出して「自分の声」でコミュニケーションすることを決めたんだもっちよ。

――Webでの活動はどのように始められたのでしょうか?

ブログは元々やってたんですけど、デビューしてしばらくしたころに、ニコニコ動画で「踊ってみた」動画が流行ったんだもっち。そこで、大好きなハロプロの曲を踊って投稿したのが最初の活動だもっちよ。初めはもっと叩かれるかなと思ったんだけど、みんな意外と受け入れてくれて、すごくうれしかったもっち。
ブログのコメントやTwitterのリプライ、ニコニコ動画につくコメントなど、ファンの方とのWeb上のコミュニケーションは文字を通して行っていることも多いけど、これってホワイトボードで会話していた初期の自分の表現方法に近いと思うんだもっち。だから、あの頃の経験は良かったし、その経験があるからこそ、みなさんからのコメントを大事にしたいと思うんだもっち。


■ネットとリアル ファンとのコミュニケーションはどう違う?

桃知みなみさん3

――いまではたくさんのファンがいる桃知さんですが、ファンとのコミュニケーションで心がけていることはありますか?

Webを通して接する時は、中高生や地方のファンの方もいるし、なるべく多くの人に共通する話題を選んだり、コメントするようにしてるもっち。けどそれだけじゃなくて、ファンの方一人ひとりの声に耳を傾けて、出来る限りコメントを返したり、何かネタを振られたら全力で応えるようにしてるもっちなぁ。この前もファンの方がTwitterで「桃知がドラゲナイしてる夢を見た」って言ってるのを見て。すぐに「ドラゲナイ」している画像を本当に作って返信してあげたもっちよ。(笑)すごく喜んでくれたもっちよー!
*「ドラゲナイ」とは:ロックバンド・SEKAI NO OWARIのボーカルがトランシーバー型のマイクを持って歌っている姿を、写真やイラストでモノマネしてWebに投稿すること

――ファンにとっては、自分のためだけにリアクションがくるのってすごくうれしいですね。

――イベントでDJやMCをすることも多い桃知さんですが、そういったリアルな場でのファンとの接し方はどうされているんですか?

もっちのファンの方は、直接会うと比較的控えめな方が多いもっちよ。会場でも壁際のほうで静かに見てたり。だからその方たちにもメッセージが届くようには気を付けているもっち。
ただ、そういったイベント会場にはもっちに会いに来るのが目的ではない方もいて。例えばプロレスやアニソンイベントのMCをする時はそうもっち。だから、一人のアイドルとして、きちんとその場を盛り上げて、司会進行することは義務だと思ってるもっち。
桃知みなみさん4つまり、なるべく視野を広くするようにしてるってこともっちよ!視界は狭いんだけど!(笑)

――たしかに視界は狭いかもしれませんね。(笑)

 

でも、一人ひとりのファンを大事にしながら、全体のことも気にかけている視野の広さには恐れ入ります。


■セルフプロデュース、“DIY精神”が生んだもの

――いまでも事務所などには所属せずに活動されているんですよね?

そうだもっち!デビューした時から、どんなメッセージをどうやって出していくか、ずっと自分で考えてきたもっちよ。

――自分で自分のイメージを作り、メッセージを出して、コミュニケーションしていく。
それって“DIY精神”とかって言うんでしょうかね?

“DIY精神”、かっこいいもっちなぁ!(笑)たしかに、これまでの活動は全部自分の意志でやってきたもっち。でも、自分で作ったものだからこそ、なんだかオーダーメイドの喜びを届けられているような気がして、自分もうれしいもっちよ。

最近は、そんなもっちに「一緒に何かやろう!」と言ってくれる方がふえてきたもっち。絵を描いたり、文章を書いたり、他の活動をしているファンの方から、何か作らないかって提案されたり。あと、田村淳さんやアメリカザリガニの平井さん、ネットタレントの百花繚乱さんなど芸能界の方たちにもすごく良くしてもらっていて、本当に有難いと思ってるもっち。

――フリーの方から芸能人の方まで。広く愛されて、新しい活動を生み出せるのは、桃知さん自身がアイドルであると同時にクリエイターだからなのかもしれませんね。

――最後に、これからの活動について教えてください

もっちを見て、「メイドインジャパン」のイメージを持って、海外でのイベントに呼んでくれる方が多いもっちよ。だから、海外の方にもっと知ってもらうために、今年はYouTubeチャンネルを作る予定だもっち。英語圏の方向けに、日本の萌え文化を発信するような内容にするもっち。
あと、もっちを題材にしたライトノベルが発売されたもっちよ。
YouTubeもライトノベルも、一緒に何かやりたいと思ってくれた人がいて、それで初めて出来た企画だもっち。将来の夢は、アニメちっくアイドルが本当にアニメになることもっちよ。今回のライトノベルを基軸に、TVアニメを作りたいもっちなぁ。

――アニメちっくアイドルがアニメになるって、とても面白いですね!今後もますます応援させていただきたいです。
このインタビュー記事をご覧になった方から、新たなご指名が入るとうれしいですね!
本日はありがとうございました!


■インタビューを終えて…セルフブランディングとコミュニケーションについて

桃知みなみさん5

お会いするまでは、非常に奇抜な方なのかと思っていたのですが、私達の質問にも真摯に答えてくださり、たくさんお話をお伺いすることが出来ました。

外見の奇抜さと対照的に、実際にはしっかりとしたコミュニケーションが取れる、その点では“普通のアイドル”と変わらない。そのバランス感覚が桃知さんの人気を下支えしているのだと気付きました。

また、誰かに作られた“キャラクター”ではなく、自ら作り出し自ら発信しつづけるというDIY的なポリシーが多くの方々に愛されるだけでなく、新しいコンテンツを生み出すきっかけに繋がっているのだとわかりました。

桃知さんの人気の秘訣は、セルフブランディングで一貫してブレない「軸の強さ」と、場面や対象に合わせて細やかにコミュニケーション方法を変えていく「対応力」が両立していることだと思います。
これはアイドルに限らず、私達のようなコミュニケーションを生業にしている者にとって、共通のテーマであると思いました。

<桃知みなみ>
世界初の“アニメちっくアイドル”として活動中。近年はゴールデンのバラエティ番組にも出演。2014年3月にオープンしたサブカルスポット・阿佐ヶ谷アニメストリートにも拠点を構える。海外で行われるクールジャパン関連イベントに出演するなど、日本のサブカルチャーの中心的存在として活躍している。
桃知みなみオフィシャルサイト:http://momochi373.com/

*オズマピーアールでは、桃知さんとコラボレーションした施策のプランニングを今後も推し進めて参ります。新しい施策をお考えの方は、ぜひ当社にお問い合わせください。

 

関連リンク

関連コラム

セミナーレポート ~ソーシャル時代のブランドストーリー戦略を考える~

2016.08.24

セミナーレポート ~ソーシャル時代のブランドストーリー戦略を考える~

ソーシャルメディアの普及は、生活者に大きな変化をもたらし、今、コミュニケーション戦略に変革が求められています。従来手法だけで目的を達成することは難しく、SNS活用が成功の鍵を握っています。このような背景を受け、オズマピーアールは、デジタルエージェンシーのスパイスボックスと「ソーシャル時代のブランドストーリー戦略」と題したセミナーを共催しました。 PRが本来の役割である“広義のPublic Relations”を果たす時代に突入 まず一部では、オズマピーアール シニアディレクター 岩垂晋が登壇、『デジタル時代におけるPR』について話しました。「PRはメディアを通じて情報を発信する“広報”の時代から、パブリックとエンゲージメントを構築する“広義のPublic Relations”が求められる時代になった」と岩垂は言います。 SNSの普及により、生活者が情報を主体的に発信し、双方向でやり取りする存在に変わったからです。ただし、「マスメディアの重要性は変わらないし、マスメディアを通じた情報発信は、今後も効果を発揮していく」と岩垂は指摘します。これまでと違うのは、マスメディアとソーシャルメディアが共存していることです。 「今、テレビ番組の制作者は…

2016.08.24広報担当
広報をプロフィットセンターとして機能させるには?

2012.11.20

広報をプロフィットセンターとして機能させるには?

入社以来、ECサイトやソフトウェアからモジュールまで、いわゆるIT業界のBtoB企業支援を主に担当しています。 これまでの仕事を通じてブレることなく取り組んできたことは"お客様の製品・サービス・技術などの応用可能性を想起させる情報やキッカケをつくること"です。 「最新のテクノロジーを採用したテレビが登場」 私が担当してきた多くが、この"最新のテクノロジー"を世に知らしめる仕事です。新しいテクノロジーは、採用されて初めて意味を成します。 とある無線モジュールを製造開発している企業は、海外の一般的な住まいに着目して、ミシンメーカーに対して、自社のモジュールを導入してもらうことに成功しました。また、ソフトウェアメーカーでは、インターフェイスの一部を広告枠にして新しい用途とマネタイズを実現しました。このようなケースは他にも沢山あります。 事業会社で企画・開発の仕事に就いている方にとっては、日常的な思考かもしれませんが、会社と世間の両方に軸足を置く立場である広報担当が今までとは全く異なるアングルでチャンスを生み出すためには"応用の可能性を徹底的に考える"ことが重要であると考えます。「どんな魅せ方や仕掛けをすれば…

2012.11.20一ノ瀬 寿人
オンラインとオフライン相互で流通する情報を開発するためには?

2012.10.19

オンラインとオフライン相互で流通する情報を開発するためには?

スマートフォンの爆発的な普及は、インターネット環境を携帯できる人口の増大を意味します。つまり、かつてはデスクトップPCなど定点からの受発信しか不可能であったネット情報がますます拡散し、重層化しつつあるのですネットの情報がユーザーに行動を促し、ユーザーの行動がネット情報を変容するという相乗効果がビジネスに大きな影響を与えようしています。 昨今ではオンラインとオフラインのボーダーにあるものは、情報と行動の差異であり、バーチャルとリアルの差異であるといえます。こうした状況下、マーケティング・プロモーションの分野においてO2O(Online to Offline)への注目が急速に高まってきています。 しかし、店舗へ誘客するような仕組みを持つO2Oプラットフォーム(SNSやO2Oサービス等)をプロモーションに活用しても、それが話題化・拡散せず、認知が高まらないために、オフラインに思うような効果をもたらせないケースが少なくありません。それは、O2Oという概念がオンラインを起点にした発想だからではないかと考えます。 弊社が地方自治体の県産品を首都圏の若い世代に向けてPRする事業をサポートした事例では、若い世代が集まるエリアにあるカフ…

2012.10.19

一覧を見る

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

お電話での各種お問い合わせはこちら

03-4531-0229 03-4531-0229

(受付時間/土日祝日を除く10:00~17:00)

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

お電話での各種お問い合わせはこちら

03-4531-0229 03-4531-0229

(受付時間/土日祝日を除く10:00~17:00)

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220