コミュニケーション課題を総合的に解決する広報・PR(パブリックリレーションズ)サービスを提供いたします。

OZMA PR

お問い合わせ

コラム

COLUMN

「コロナ禍」でオンライン記者会見に切り替え進む

2020.05.07

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、企業が実施する記者会見に変化が見られます。2020年4月に決算発表を行った企業の中に、オンラインで記者会見を開くといった動きがありました。登壇者が通常通り決算の概要を説明し記者からの質問に応じるという大きな流れは変わりませんが、発表を行った会場には全く記者を入れることなく、カメラの前で行ったのです。他にも、社長交代会見や謝罪会見をオンラインのみで実施した企業がありました。こうした流れは、新型コロナウイルスが収束するまで続くのかもしれません。

 

登壇者はカメラの前で話すことに慣れるためリハーサルを!

 記者会見をオンラインに切り替える場合、どのような準備が必要でしょうか。まず、記者会見の様子をしっかり記者に届ける手段の確保です。IT企業では自前の設備で対応できるかもしれませんが、一般的には専門の配信業者に任せた方が安心です。

 次に、登壇者の準備ですが、「カメラの前で話す」ことに慣れるということがあります。通常であれば、聴いている人の前で話すため、その反応から聞き手の理解度などを感じ取ることができますが、カメラの前ではメッセージがしっかり伝わっているのか、顔が見えないため手応えがありません。こうした不安を解消するために、実際の会見を想定したリハーサルを実施し、改善点を洗い出して本番を迎えましょう。

 ほかにも、オンラインでは通常の記者会見と比べて発言が聞き取りづらいため、ゆっくり丁寧に話すことや、よりわかりやすく伝えるために、フリップやモニターを準備して目で見て理解を促す工夫が必要です。

 

オンライン取材への早急な対応が求められる

 記者会見だけではなく、テレビのニュース番組を見ているとインタビューの取材活動も、オンライン化が進んでいると感じます。パソコン越しでのインタビューは、取材労力・コストの軽減につながるため、新型コロナウイルスの収束後も続くことが予想されます。

 オンラインでの取材対応にも、ポイントがあります。回答者が記者とのコミュニケーションの中で想定外の話題まで話してしまう危険性が高いのです。通常の取材であれば同じ空間に広報担当者がいるため、間に入って仕切ることができますが、オンラインでは離れているため場をうまくコントロールできません。対処法としては、回答者にメディア対応の「話法」を徹底させることです。そのためには、リハーサルとしてメディアトレーニングの実施が有効です。 

 オズマピーアールでは、オンライン記者会見の開催サポートを行っております。その際、メディアトレーニングもオンライン記者会見を想定し、カスタマイズして実施しております。また、メディアからのオンライン取材にご不安がある方に対しても、トレーニングを実施しております。ぜひご相談ください。

 


関連リンク

オズマピーアールの専門機能:メディア・トレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

シリーズ:リスクとレピュテーション~危機管理広報最前線~/②新しいリスクとして人権が登場

2020.10.15

シリーズ:リスクとレピュテーション~危機管理広報最前線~/②新しいリスクとして人権が登場

オズマピーアールは、これまで多くの企業・団体に対して危機管理広報のサービスを提供してきました。近年では、SNS炎上時の顧客対応や地域住民団体とのコミュニケーション支援など、従来のリスク・クライシス発生時のメディア対応サポートに留まらず、事業領域が拡大しています。広がり続ける危機管理広報の現状について、弊社コーポレートコミュニケーション部の担当チームが執筆するコラムの連載をスタートします。

2020.10.15
シリーズ:リスクとレピュテーション~危機管理広報最前線~/①コロナ禍における謝罪会見の潮流

2020.09.24

シリーズ:リスクとレピュテーション~危機管理広報最前線~/①コロナ禍における謝罪会見の潮流

オズマピーアールは、これまで多くの企業・団体に対して危機管理広報のサービスを提供してきました。近年では、SNS炎上時の顧客対応や地域住民団体とのコミュニケーション支援など、従来のリスク・クライシス発生時のメディア対応サポートに留まらず、事業領域が拡大しています。広がり続ける危機管理広報の現状について、弊社コーポレートコミュニケーション部の担当チームが執筆するコラムの連載をスタートします。第1回目は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けても、オンライン化が進まない謝罪会見についてです。

2020.09.24
従業員の新型コロナウイルス感染で求められる危機管理広報対応とは

2020.05.07

従業員の新型コロナウイルス感染で求められる危機管理広報対応とは

新型コロナウイルスの感染拡大で、従業員や関係者の感染が発覚し、情報開示を行う大手企業が相次いでいます。中には、感染者個人やクラスター(集団)感染が発生した企業がバッシングを受けるケースも見られます。もし、自社の従業員が新型コロナウイルスに感染してしまった場合、企業はどのような対応を取ればよいのでしょうか。

2020.05.07
『謝罪会見』はネットで見る時代に――生配信に対応したメディアトレーニングの必要性

2020.01.09

『謝罪会見』はネットで見る時代に――生配信に対応したメディアトレーニングの必要性

世間の注目を集める記者会見が開かれた場合、地上波のテレビ局はニュース番組の予定を変更し、生中継で映像を流すことがあります。それに加えて近年では、ネットで生中継されることが増えています。2019年、あるインターネットテレビ局で最も多くの視聴者数を獲得したのは、お笑い芸人の謝罪会見を生中継で流した週だったということです。また、TVメディアのインターネット配信のみならず、新聞メディアやWEBメディアもネットで生配信をしています。謝罪会見の映像を生中継で見るということが新たなコンテンツとして成立しています。

2020.01.09
組織のスポークスパーソンに必須のメディアトレー二ングとは?【改訂】

2020.01.07

組織のスポークスパーソンに必須のメディアトレー二ングとは?【改訂】

企業のスポークスパーソンである社長や幹部役員のマスコミ対応・情報発信力の向上をはかる手段として、平時のメディアトレーニングが近年注目されています。戦略的PRを手掛けるオズマピーアールが多数の企業で実績をあげたトレーニングメソッドの概要をご紹介します。

2020.01.07
クライシスは突然に--危機管理広報でオズマピーアールにできること【改訂】

2020.01.07

クライシスは突然に--危機管理広報でオズマピーアールにできること【改訂】

クライシスが実際に発生すると想定して準備することが大事です。もちろん、現在進行形のクライシスにも私たちは全力で対応いたしますが、リカバリーは簡単ではありません。逆に、様々なリスクを自覚し、それに対する備えと訓練を積んでいると、多くの場合、クライシスは未然にまたは最小限に抑えることができます。

2020.01.07
企業イメージ失墜を招く「ネットリスク(炎上リスク)」を防ぐためには

2018.02.01

企業イメージ失墜を招く「ネットリスク(炎上リスク)」を防ぐためには

具体的にどんなことが発端となってネットリスクが生じるのか。万が一、ネットリスクが生じた際に、ダメージを最小限に抑える炎上対策はあるのか。まずはネットリスクを知り、発生時における対応を理解しておくことが、いま組織にとって非常に重要となっています。

2018.02.01コーポレート・コミュニケーション部

一覧を見る

メンバーインタビュー
MEMBER INTERVIEW

詳しくはこちら

メンバーインタビュー
“メンバーインタビュー“
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)
はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220