グローバル
コミュニケーション

海外の生活者に日本の魅力を伝える訪日観光インバウンドや、
企業の海外進出、日本産品の海外展開を、
対象国や生活者の特性に合わせ効果的にサポートします。

グローバルコミュニケーション

ストーリーを伝える戦略立案や、「在to外®」コミュニケーション、海外ネットワークにより効果的なグローバルPRを実現

訪日観光客の増加や、海外での日本産食材・商品への注目の高まりなど、企業や自治体にとってグローバルコミュニケーションの重要性はますます高まっています。効果的なコミュニケーションを展開するには、対象国の環境や、ターゲットとする生活者のインサイトを把握した上で戦略を立て、実行することが求められます。
オズマピーアールでは、「インバウンド」、「アウトバウンド」の双方において、変化の激しいグローバル環境に対応した、効果的なグローバルPRサービスを提供します。

訪日観光インバウンド

インバウンド旅行客は団体から個人へ、都市から地方へ、観光地めぐりや爆買いから地元住民との交流や文化体験へと、そのあり方やニーズが変化しつつあります。さまざまな企業や自治体が自分たちの良さをアピールしたい一方で、伝え方がわからない、また伝えても動く実感がないという課題を抱えています。
こうした課題に対し、海外マーケットを国籍や年代などでひとくくりするのではなく、それぞれの価値観や行動欲求を持つひとりの生活者として捉えた視点で、統合コミュニケーションを設計・プロデュース。旅行・映像・流通・調査などさまざまな領域の事業者と共創し、日本と海外をつないで「ヒト」と「モノ」を動かす枠組みづくりをご提供します。

  • 「旅マエ」から「旅ナカ」「旅アト」へ。PRだからこそ設計できるストーリー型インバウンド戦略

    訪日誘客は「来てもらう」ための情報施策が主流ですが、旅先でついでに寄ってもらう、一度来た人にまた来てもらう、行っていない誰かに勧めてもらうなど、移動中の意思決定や帰国後の口コミ誘発を促す施策も有効です。
    オズマピーアールは、旅行行動をフェーズ(段階)で分析し、旅人に合わせたインバウンド戦略ストーリーを構築。海外向け映像やWEB制作から旅行会社向けモデルツアーの設定、海外メディアやインフルエンサーの誘致等、情報戦略からコンテンツ制作、時にはお土産づくりまで、トータルで提供しています。

  • 施策の前に「なぜ」「なにを」から考える ~インバウンドの水先案内~

    インバウンドやトラベルマーケティングは、昨今さまざまなテクノロジーやツールが活用できるようになりました。そこで大切になるのが、どういう狙いで何をやるのかという目的意識を持つことです。そのためにはなぜインバウンドを実施するのかという根本の目的に立ち返りながら戦略を考える必要があります。わたしたちは、はじめに合意できる目標をたてるところから一緒に考え、施策単発の実施にとどまらないデスティネーションマーケティングを提供していきます。

「在to外®」コミュニケーション

近年、日本に住む外国人が増え続けているなか、在日外国人は、信憑性が高く、信頼できる情報として、本国に住む外国人の重要な情報窓口となっています。オズマピーアールは、在日外国人から外国(本国)の人々に情報を届ける――「在to外®」という情報発信フレームを作り上げました。
特有のコミュニティを形成し強い情報拡散力を持つ在日外国人インフルエンサーや、在日外国人による日本紹介メディアの運営、在日メディアとの良好なリレーションをベースに、「在to外®」のコミュニケーションモデルを開発し、様々な企業にサービスを提供しています。
※「在to外®」は、株式会社オズマピーアールが商標登録しています

  • 「在to外®」コミュニケーションサービスフレーム

    「在to外®」コミュニケーションサービスフレーム

  • 「在to外®」PRサービスメニュー

    「在to外®」PRサービスメニュー

    1. オズマピーアールが運営する、日本で生活している在日中国人の目線で等身大の日本を紹介するWeChatメディア「和生活」で情報発信
    2. 本国に影響力を持つインフルエンサー/マイクロインフルエンサーや、日本に住んでいる中国人が所属する様々なコミュニティと連携した情報発信
    3. 日本に拠点のある海外メディア、及び本国のメディアへの情報提供や取材誘致

海外への日本産品進出サポート

  • 文化的富裕層にむけたストーリーPR ~Story PR~

    和食・日本酒をはじめ、海外での日本産品・文化への関心は高まり続けています。品質はもちろん、日本独特の文化背景を伴った産品のストーリーが、人気の理由のひとつです。オズマピーアールでは、単なる商品・産品としてPRするのではなく、特に海外の文化的富裕層が重視する、産品のストーリーづくりを伴ったPRを提供します。

  • 情報発信に留まらない、実際の現場での「接点」づくり ~Distribution PR~

    コンテンツやメディアといった既存のPR領域に加えて、実際に海外の方々の目に触れ、手に取る「現場」を伴った流通・ディストリビューション領域までを統合的にプロデュースします。小売や店舗、レストランはもちろん、そこで産品を取り扱うシェフやディーラー、店舗オーナーまで、具体的なリレーションづくりを設計します。

  • 強いテーマで結びつく「コミュニティ」にリーチするPR ~Community PR~

    日本の産品が海外生活者に人気を博すとき、まずは感度の高い層や特定の興味層から情報が盛り上がり、一定層を越えるとトレンドとして伝播していくという情報流通構造があります。特に海外ではこうした情報隆盛の起点となる、各テーマでくくられたコミュニティへのリーチが、特にブランド発信初期において有効です。オズマピーアールでは、コミュニティならびにそのなかでのキーマンインフルエンサーとのリレーションプロデュースを領域ごとに手がけ、ご提供しています。

海外パートナー会社

現地PR会社ならではの強固なメディアリレーションズ、ガバメントリレーションズをベースに、日本で実績を持つ当社のスキル・ナレッジを融合させたコミュニケーションサービスの提供により、日系企業の海外広報をサポートします。

マイレージコミュニケーション(シンガポール)

マイレージコミュニケーション 本社を構えるシンガポールをはじめ、ASEAN諸国(ベトナム・タイ・マレーシア・インドネシア・ミャンマー)、インド、中国、韓国に拠点を持つPR会社。各対象国のコミュニケーション戦略立案からメディアリレーションズ、ガバメントリレーションズ、危機管理対応、IR、IPOに強みがあり、自動車、IT、ヘルスケア、一般消費財、金融、観光、郵船など幅広い業種でPRサービスを提供しています。

北京嘉利智聯営銷管理股份有限公司(中国)

マイレージコミュニケーション 1996年に創業。北京、上海、広州、青島、武漢、深センの6箇所に拠点を持ち、コミュニケーション戦略立案からメディアリレーションズ、またガバメントリレーションズに強みを持った中国の総合大手独立系PR会社。特に中国ローカルPRコンサルタント会社では、いち早く日本クライアント専門サービス体制を整え、現在は北京と上海に日本クライアント専門チームを有しています。

Grebstad Hicks Communications Ltd.(香港)

1997年に香港で設立された、アジアの富裕層をターゲットに製品・サービスの広報を専門に行うPRエージェンシー。富裕層向けメディアやコミュニティと強固なリレーションを持ち、そのネットワークを通じてビジネスを拡大しています。創業以来、2006年に上海・シンガポール、2009年に北京、2010年にバンコクにオフィスを開設し、アジアの富裕層人口の拡大に合わせて成長しています。

特集:中国インバウンド
日本で働く中国人PRウーマンが伝えたい控えめな日本人が、中国人の“新・
新人類”とうまく付き合う方法

詳しくはこちら

特集:中国インバウンド 日本で働く中国人PRウーマンが伝えたい 控えめな日本人が、中国人の“新・<br>新人類”とうまく付き合う方法
メンバーインタビュー
MEMBER INTERVIEW

詳しくはこちら

メンバーインタビュー
“メンバーインタビュー“
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

お電話での各種お問い合わせはこちら

03-4531-0229 03-4531-0229

(受付時間/土日祝日を除く10:00~17:00)

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

お電話での各種お問い合わせはこちら

03-4531-0229 03-4531-0229

(受付時間/土日祝日を除く10:00~17:00)

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220