ニュース

NEWS

2019.07.22

【中国人が困る日本のマナーや習慣に関する調査】 訪日を検討している約8割の中国人が 日本でのマナーや習慣を気にしていることが判明

広報担当

2019年7月22日

報道関係各位

株式会社オズマピーアール


【中国人が困る日本のマナーや習慣に関する調査】
訪日を検討している約8割の中国人が
日本でのマナーや習慣を気にしていることが判明

訪日中国人にとってマナーや習慣で最も困る場所は「温泉・浴場に入るとき」
「エスカレーターの立ち位置がわからない」や「飲食店での冷たい水に戸惑った」などの意見も


株式会社オズマピーアール(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:八田祥孝、以下、オズマピーアール)は、日本最大級の在日中国人女性プラットフォーム「一般社団法人美ママ協会(本社:東京都中央区、代表理事:李佳霖/Lee Karin)」の会員(以下、中国人)を対象に、日本のマナーや習慣に関する調査を行いました。来年にかけ、国際的なスポーツイベントが日本で多く開催される影響で、今後さらなる訪日外国人観光客の増加が見込まれています。訪日外国人が増加する一方で、訪日外国人のマナーや習慣に対しての注目も高まっています。数多くのインバウンドコミュニケーションを手がけているオズマピーアールでは、訪日外国人観光客の中でも、特にボリュームの多い中国人に対して日本でのマナーや習慣に関する調査を実施いたしました。

【調査結果トピックス】
■「初来日時に日本のマナーや習慣に戸惑った」と日本に住む中国人の約6割が回答
■ 訪日を検討している中国人の約8割が日本でのマナーや習慣を気にしていることが判明
■「エスカレーターの立ち位置がわからない」や「飲食店での冷たい水に戸惑った」などの意見も
■「中国の知人家族から日本の情報を聞かれた経験がある」と日本に住む中国人の約9割が回答

 

【調査内容】

「初来日時に日本でのマナーや習慣について人に尋ねたことがあるか」という質問に対して、約半数の45.8%の人が「あてはまる」と答えました。「ややあてはまる」と答えた人とあわせると、75.7%の中国人が初来日時に、日本のマナーや習慣について人に尋ねた経験があることが判明しました。訪日中国人のマナーについて注目が集まる一方で、訪日する側の中国人自身も、日本でのマナーや習慣を気にしており、日本式のマナーや習慣について身近な人に相談していることがわかりました。

さらに、「日本のマナーや習慣について、地元から来る友人や家族から尋ねられたり、あなたご自身が困った・気になった経験があるものは」という質問に対しては、約半数の48.9%の人が「温泉・浴場に入るとき」と答えました。また、「エスカレーターの立ち位置がわからない」や「飲食店での冷たい水に戸惑った」などの意見もあり、様々なシチュエーションでのマナーや習慣について関心が高いことが判明しました。

【考察】
今回、日本に住む中国人を対象に日本のマナーや慣習について調査を行い、日常的なシーンから意外な場面まで、日本のマナーや習慣に戸惑う中国人の意識が顕在化されました。日本で注目を集める訪日中国人のマナーや習慣については、訪日する側の中国人自身も、日本でのマナーや習慣を気にしており、また日本式のマナーや習慣について身近な人に相談していることがわかりました。このような中国人のマナーや習慣についての関心の高まりを活かし、日本式のマナーや習慣を知ってもらう機会を提供していくことが重要であり、中国人目線を取り入れたインバウンド対策が必要とされていることもわかりました。 オズマピーアールでは、日本にいる外国人を情報起点として活用し、海外に日本の情報を発信する「在to外(https://ozma.co.jp/zaitogai/)」フレームを開発し、さまざまなインバウンド課題を解決しています。日本とグローバル両方の視点を盛り込んだコミュニケーションが可能で、海外の潜在日本興味層にリーチすることが可能です。

 

この調査に関する詳細は、株式会社オズマピーアールの担当者へお問い合わせください。

【調査概要】
■調査方法:WEBアンケート方式
■調査対象:20歳~59歳までの日本在住の中国人
■有効回答数:107名
■調査実施日:2019年6月21日(金)~7月5日(金)

 


【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社オズマピーアール/ビジネス開発本部コミュニケーションデザイン部
在to外担当呉昱(うー・ゆー/WU YU)
Tel: 03-4531-0232 ・Email: wuyu@ozma.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メンバーインタビュー
MEMBER INTERVIEW

詳しくはこちら

メンバーインタビュー
“メンバーインタビュー“
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)
はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220