コミュニケーション課題を総合的に解決する広報・PR(パブリックリレーションズ)サービスを提供いたします。

OZMA PR

お問い合わせ

コラム

COLUMN

あふれる医療・ヘルスケア情報のキュレーターとして

2013.12.27野村康史郎

ある日、母親と話をしていると「耳鳴りが治らない」と言います。原因を尋ねると、症状が出てかかりつけ医に相談したところ「経過を見ましょう」と言われ放置してしまった。それでも、なかなか治らないので、今度は専門医に診てもらうと簡単には治らない病気と診断され、何で直ぐに相談に来なかったのか、症状の改善には時間がかかると怒られた、と肩を落としながら教えてくれたのです。

この話を聞いて、近頃よくいただくご相談を思い出しました。「病気や症状を自覚していても受診しない患者さんの早期受診を促したい」。「適切な治療を受けてもらうために専門医での治療を勧めたい」。まさしく、こういうことだと。これらのお話は非常にシンプルなものですが、なかなか難しい課題です。仕事をもっている人は、「自分は大丈夫」、「未だ大丈夫」と忙しさの中で対応を後回しにしがちです。また、上記のケースと同様に自分の症状が専門医に相談するほどのものかと、逡巡してしまうこともあるでしょう。

しかし、超高齢化社会が進展し、将来的な医療費負担が懸念される日本において、これらの問題は非常に深刻です。多くの場合、症状が進展するほど治療は困難になり、通院・治療期間も長くなります。また、適切な治療を受けられず、治療に満足できないと、医療機関を何度も変更するドクターショッピングの問題も生じてきます。そういった積み重ねは、結局、医療費の増大へと繋がります。

そんな中、今求められているのが、信頼できる情報を収集してまとめ、新しい価値を持たせて共有する医療・ヘルスケア情報のキュレーターです。インターネットの普及で逆に溢れる医療情報を整理し、難しい医療の話題や専門家の声を翻訳して分かりやすく伝える。そんな医療従事者と患者さん架け橋になる存在が必要とされています。私たちもそんなコミュニケーションのスペシャリスト=医療・ヘルスケア情報のキュレーターとなれるよう、日々取り組んでいます。

その一環として始めたプロジェクトが、「オノマトペラボ」です。これは、なかなか言葉にして表現するのが難しい「痛み」と「症状」を、「ぴりぴり」「じんじん」「ずきずき」等、普段自然と使用している「オノマトペ(擬音・擬態語」をきっかけに自覚していただき、早期受診を促す他、医師との円滑なコミュニケーションも後押しする取り組みです。オズマピーアールは、長年のPR業務における視点に、薬剤師や理学療法士、MR等、医療の世界を理解したスタッフが参画し、その視点も加えています。そうすることで、生活者と医療情報者の双方向のコミュニケーションを提案しています。医療情報のコミュニケーションをご検討の際は、まずはお気軽に医療・ヘルスケアチームまでご相談ください。


関連リンク

オズマピーアールの専門領域:医療・ヘルスケア
戦略PR事例 「医療と言語をPRで繋いだオノマトペラボとは?」
オズマピーアール、国立国語研究所と「オノマトペ」でコミュニケーション課題の解決を目指す産学共同プロジェクト『オノマトペラボ』をスタート
オズマグループが「2014年度 PRアワードグランプリ」で最高賞のグランプリ及び1部門で最優秀賞を受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

隠れた医療難民トランスジェンダーと医療コミュニケーションのいま、そしてこれから。 ー 患者と医師、それぞれの立場から考えるコミュニケーションの未来 ー

2017.12.08

隠れた医療難民トランスジェンダーと医療コミュニケーションのいま、そしてこれから。 ー 患者と医師、それぞれの立場から考えるコミュニケーションの未来 ー

ヘルスケア分野におけるコミュニケーションの課題解決に取り組む「テトテトプロジェクト」の一環として開催した「医療コミュニケーションセミナー ~LGBTと医療~」にご登壇いただいた原ミナ汰氏と針間克己氏をお招きし、LGBTの在宅医療や遠隔医療など今後の未来に向けた、コミュニケーション課題の可能性についてなど幅広くお話を伺いました。

2017.12.08広報担当
【ライオンズヘルス2015】受賞作品とトークセッションから見るヘルスケア・コミュニケーションの今 ~LIFE-CHANGING CREATIVITYを求めて~

2015.10.09

【ライオンズヘルス2015】受賞作品とトークセッションから見るヘルスケア・コミュニケーションの今 ~LIFE-CHANGING CREATIVITYを求めて~

ヘルスケア業界が、自分たちこそクリエイティブであるべきと声高に叫ぶ2日間がライオンズヘルスです。2015年、同フェスティバルに初参戦し、連日日夜繰り広げられたトークセッションを通じ、PRプラナーとして肌で感じた世界のヘルスケア・コミュニケーション最前線についてまとめました。

2015.10.09アカウントプランニングユニット2部 ヘルスケアチーム 津島由有子
メンバーインタビュー
MEMBER INTERVIEW

詳しくはこちら

メンバーインタビュー
“メンバーインタビュー“
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

お電話での各種お問い合わせはこちら

03-4531-0229 03-4531-0229

(受付時間/土日祝日を除く10:00~17:00)

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

お電話での各種お問い合わせはこちら

03-4531-0229 03-4531-0229

(受付時間/土日祝日を除く10:00~17:00)

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220