コミュニケーション課題を総合的に解決する広報・PR(パブリックリレーションズ)サービスを提供いたします。

OZMA PR

お問い合わせ

事例

CASE STUDY

地元に足を運んでPR素材を発掘 チームの熱い想いがメディアに伝わる「えひめ町並博2004」、第7回日本PR大賞 PRアワードグランプリを獲得!

2005.01.19広報担当

社団法人日本外国特派員協会の会場で行われた第7回「PRアワードグランプリ」表彰式は、大勢のPR関係者や報道陣が集う中、受賞者の緊張した空気も垣間見える晴々しい雰囲気とともに行われました。

最終審査会のアワード発表後、オズマピーアールの受賞について以下の方々からコメントをいただきました。温かいコメントに感謝いたします。

愛媛県町並博2004実行委員会 事務局 総務課 広報・誘客促進班長 佐伯 登志男様 :
「えひめ町並博2004」の主催は、愛媛県が中心になって組織された実行委員会です。
私も含めて事務局職員のほとんどが県職員ですが、地方行政というのは、行政自体の広報チャネルや地元リリース、広告の実施などで、県内の広報はなんとかやれます。
しかし、中央のメディアを通じて県外へ広報することは、あまり経験がありません。

今回は県外メディアに対するPR(パブリックリレーションズ)活動を行いましたが、業務をお願いしたオズマピーアールさんには、そのノウハウに基づくきめ細かな活動を実施いただき、おかげさまで所期の広報目標が達成できました。
心から感謝申し上げ、そして「PRアワードグランプリ」の受賞は、まさに最高のパブリシティ効果だと感激しています。

私たちがPR活動を選んだのは、少ない広報予算で最大の効果という点だけでなく、愛媛県の南予(なんよ)地域を“将来に続く観光ブランド”にするという事業の目的から、広報効果の継続を意図したのが大きな理由です。
メディアの動向や志向をマーケティングしながら活動を進めることが結果的に浸透度の高い広報ができると考えたからです。

PR会社の方々には、引き続き、メディアとのコミュニケーションを積極的に図っていただき、業務をお願いした際には、強力なパートナーとしてお力添えをいただけるよう希望するところです。
地方行政からの業務委託例は少ないと思いますが、今後、別の事業や団体が広報方策を検討している場合には、PR会社の活動を紹介しようと思います。

早稲田大学 広報室長 商学部教授 八巻 和彦様:
「地方がどんどん弱体化し、それにつけ入るAD会社などにはいらだちを覚えていた。一見美しいが、よく読んでみると中身の無いパンフレットなどに象徴されています。しかし「えひめ町並博」では、自ら足を踏み込み、地方の人々の自信を目覚めさせる、そのためにPRマンとしてプロフェッショナルの目でおもしろい視点、アピールするためのフレーズなどをいくつも発見して具現化していく。さらには一過性のものとするのではなく、PRが彼ら大人たちを教育し、地域の活性化を根付かせる大いなる力となっていった。本日は、PRには社会を活性化させる力があることをまざまざと見せつけられた思いがしました。」

一橋大学大学院国際企業戦略研究科 助教授 阿久津 聡様:
「知的財産戦略本部(事務局:内閣官房)のコンテンツ専門調査会では、日本ブランド・ワーキンググループを発足して、ブランドとしてのニッポンの価値を高める取り組みについて議論しています。大きなテーマとして『衣・食・住』を取り上げていますが、『住』の部分では特に「地域ブランド」に焦点を当てています。「地域ブランド」の育成を議論する中で、今回のオズマピーアールさんの発表は大変参考になりました。」

オズマピーアールのサービス「地域ブランディング」ページはこちら

関連事例

三重の魅力を発信するポータルサイト「つづきは三重で」を公開

2016.11.22

三重の魅力を発信するポータルサイト「つづきは三重で」を公開

オズマピーアールが支援する三重県庁の認知度向上プロモーション企画「つづきは三重で」のポータルサイトがオープンしました。 「つづきは三重で」 http://www.mie30.jp/ 本企画は、地域間競争が激化する中、「選ばれる自治体」としての三重の認知度向上・イメージアップを図るプロモーション活動です。移住・交流や少子化対策、観光、産業等、県が取り組む施策のポテンシャルの高さを、ポータルサイトを中心にターゲットに的確に届け、施策への理解や共感、信頼を得ていくことで、三重県ファンの獲得を目指していくものです。 オズマピーアールでは、本サイトのリニューアルに伴うプロデュースから今後のコンテンツ企画のワークショップ等の支援を通じて、三重の魅力発信をサポートしています。 【担当メンバー】 地域ブランディングチーム 濱地徹、野島優美、楯友紀、中野晃平、一ノ瀬寿人 デザイン/制作 株式会社PIVOT https://pivot.jp/ 関連リンク オズマピーアールの専門領域:地域ブランディング

2016.11.22広報担当
日本食・食文化の魅力を伝える「TASTE OF JAPAN in SAN SEBASTIAN」を開催

2016.09.30

日本食・食文化の魅力を伝える「TASTE OF JAPAN in SAN SEBASTIAN」を開催

弊社 地域ブランディングチームは、農林水産省の委託事業として世界に美食都市として名高いスペインのサン・セバスチャンにおいて、「Taste of Japan in San Sebastian(以下、TJSS)」を開催しました。TJSSの第1弾企画として2016年9月18日(日)~19日(月)の2日間、「CINEMA CARAVAN in Basque」に出展しました。 TJSS実施会場の風景 TJSSでは、自然を尊び作り手の思いが生きている日本食・食文化の魅力を伝えることを目的として、伝統的な日本産食材である日本酒や塩などを使用し、現地の人に親しみやすいスペイン風のアレンジを加えた特別メニューを用意。アンケートに答えた全505名の方が試食・試飲を行い、その魅力を体験しました。実際に試食した人たちからは、日本酒や塩、柚子といった現地の人も知っている食材を使用したメニューはどれも好評で、見た目も珍しく、知る人も少ないどぶろくについては、興味を持ったかたから様々な質問を受けました。 アンケート・試食の様子 また、特別メニューに使用した日本産食材の理解を深めるため、作り手に迫ったドキュメンタリー映画を、2016年9月19日(月)~20日(火)の2日間にわたり上映。石井かほり監督の舞台挨拶も実…

2016.09.30広報担当
京都府プレスセミナー「森の京都」首都圏メディア説明会:過去最高人数動員の秘訣とは?

2016.04.22

京都府プレスセミナー「森の京都」首都圏メディア説明会:過去最高人数動員の秘訣とは?

京都府といえば、神社仏閣等で知られる世界一の観光地・京都市が、米国の旅行誌「トラベル+レジャー」が発表した世界の人気観光都市ランキングで2年連続1位に選ばれるなど、その魅力は世界的にも認知されています。 そんな京都府の広報課題、それは、京都市を中心とした古都京都とはひと味違う、府内の各エリアの観光誘客と地域活性化です。京都府では、府北部を「海の京都」、中部を「森の京都」、南部を「お茶の京都」と位置づけ、それぞれの魅力を“音楽”と“映像”で発信する「もうひとつの京都、行こう。」キャンペーンを2014年11月より開始。各地域の特徴を活かし、観光振興・地域振興、そして文化・産業振興に取り組んでいます。ターゲットイヤーも定め、2015年度の天橋立や京都舞鶴港のある京都府北部「海の京都」に続いて、2016年度は、芦生の森や美山かやぶきの里を有する京都府中部地域(亀岡市、南丹市、京丹波町、福知山市、綾部市、京都市右京区京北)の広報活動に注力することになりました。 三方良しのセミナー テーマ設定の経緯 これまで、地方自治体のセミナーといえば、その土地の名産品や観光地にフォーカスを当てる観光PRセミナーがほとんどでした。…

2016.04.22地域ブランディングチーム 野島 優美、土屋 彩、楯 友紀

一覧を見る

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

お電話での各種お問い合わせはこちら

03-4531-0229 03-4531-0229

(受付時間/土日祝日を除く10:00~17:00)

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

お電話での各種お問い合わせはこちら

03-4531-0229 03-4531-0229

(受付時間/土日祝日を除く10:00~17:00)

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220