コミュニケーション課題を総合的に解決する広報・PR(パブリックリレーションズ)サービスを提供いたします。

OZMA PR

お問い合わせ

コラム

COLUMN

広報をプロフィットセンターとして機能させるには?

2012.11.20一ノ瀬 寿人

入社以来、ECサイトやソフトウェアからモジュールまで、いわゆるIT業界のBtoB企業支援を主に担当しています。
これまでの仕事を通じてブレることなく取り組んできたことは”お客様の製品・サービス・技術などの応用可能性を想起させる情報やキッカケをつくること”です。

「最新のテクノロジーを採用したテレビが登場」
私が担当してきた多くが、この”最新のテクノロジー”を世に知らしめる仕事です。新しいテクノロジーは、採用されて初めて意味を成します。
とある無線モジュールを製造開発している企業は、海外の一般的な住まいに着目して、ミシンメーカーに対して、自社のモジュールを導入してもらうことに成功しました。また、ソフトウェアメーカーでは、インターフェイスの一部を広告枠にして新しい用途とマネタイズを実現しました。このようなケースは他にも沢山あります。

事業会社で企画・開発の仕事に就いている方にとっては、日常的な思考かもしれませんが、会社と世間の両方に軸足を置く立場である広報担当が今までとは全く異なるアングルでチャンスを生み出すためには”応用の可能性を徹底的に考える”ことが重要であると考えます。「どんな魅せ方や仕掛けをすれば、ターゲットに対して好意的/効果的、さらに効率的に自社の情報を伝えることができるか?」ではなく、「そもそも、この製品に他の使い道はないのか?」が”応用可能性を想起させる広報”の出発点です。また、既存顧客やユーザーから少し距離を置くことも、新しいコンテクストをひねり出す起点になることは言うまでもありません。

広報という役割を担う多くの方が「自社の広報素材をどう加工して発信しようか?」と日々悩まれています。それは、BtoB / BtoCといった領域やどの産業でも変わりありません。
自社の製品やサービス、さらには会社の制度なども含めて、”この案件の応用可能性は何か?”と悩みのポイントを切り替えるだけで、新しい広報ストーリーが生まれるはずです。

“応用可能性を想起させる広報”には、PRがプロフィットセンターとして機能するチャンスが眠っているのです。

オズマピーアールのIT・デジタル/BtoBチームには、あなたの会社内に埋もれているチャンスを掘り起し、それを情報発信素材に変換するスペシャリストが揃っています。

 

関連リンク

関連コラム

セミナーレポート ~ソーシャル時代のブランドストーリー戦略を考える~

2016.08.24

セミナーレポート ~ソーシャル時代のブランドストーリー戦略を考える~

ソーシャルメディアの普及は、生活者に大きな変化をもたらし、今、コミュニケーション戦略に変革が求められています。従来手法だけで目的を達成することは難しく、SNS活用が成功の鍵を握っています。このような背景を受け、オズマピーアールは、デジタルエージェンシーのスパイスボックスと「ソーシャル時代のブランドストーリー戦略」と題したセミナーを共催しました。 PRが本来の役割である“広義のPublic Relations”を果たす時代に突入 まず一部では、オズマピーアール シニアディレクター 岩垂晋が登壇、『デジタル時代におけるPR』について話しました。「PRはメディアを通じて情報を発信する“広報”の時代から、パブリックとエンゲージメントを構築する“広義のPublic Relations”が求められる時代になった」と岩垂は言います。 SNSの普及により、生活者が情報を主体的に発信し、双方向でやり取りする存在に変わったからです。ただし、「マスメディアの重要性は変わらないし、マスメディアを通じた情報発信は、今後も効果を発揮していく」と岩垂は指摘します。これまでと違うのは、マスメディアとソーシャルメディアが共存していることです。 「今、テレビ番組の制作者は…

2016.08.24広報担当
世界初の“アニメちっくアイドル”桃知みなみさんから学ぶ!インターネットとリアルで幅広くファンを獲得するセルフブランディングとコミュニケーションの極意とは?

2015.02.24

世界初の“アニメちっくアイドル”桃知みなみさんから学ぶ!インターネットとリアルで幅広くファンを獲得するセルフブランディングとコミュニケーションの極意とは?

「桃知みなみ」というアイドルをご存じでしょうか。ブログやニコニコ動画から活動を広げ、いまやTV番組のレギュラーや、クラブイベントでのDJ、国内超大物歌手のライブや海外イベントでのMCなど幅広く活躍し、ネットユーザーに限らず幅広い層のファンを獲得している注目のアイドルです。その姿はまさしく“世界初のアニメちっくアイドル”。まるでアニメの世界から飛び出してきたかのようなキュートな印象や仕草、可愛げのある声が魅力です。テレビ東京の番組では、レギュラー出演者としてネットユーザーと共に様々なプロジェクトを進めてきた経験を持つ桃知さんは、いかにしてファンの心をつかみ、現在の人気を築いたのか。今回はそんな桃知さんから直接お話を伺い、これまでの活動や今後の展望を聞き、Webからダイレクトコミュニケーションをまたいで評判を醸成していく、そのコミュニケーションの極意を探っていきます。 ■初めはホワイトボードでコミュニケーションしていた!? 挨拶も早々に桃知さんが差し出してきたのは、自身のイラストが描かれた“アメ”。頭の髪飾り(ご本人曰く“頭に生えたイボ”)から出てきたアメは、念じると湧き出てくるのだそう。聞くと、小…

2015.02.24金井・登坂・柞山
オンラインとオフライン相互で流通する情報を開発するためには?

2012.10.19

オンラインとオフライン相互で流通する情報を開発するためには?

スマートフォンの爆発的な普及は、インターネット環境を携帯できる人口の増大を意味します。つまり、かつてはデスクトップPCなど定点からの受発信しか不可能であったネット情報がますます拡散し、重層化しつつあるのですネットの情報がユーザーに行動を促し、ユーザーの行動がネット情報を変容するという相乗効果がビジネスに大きな影響を与えようしています。 昨今ではオンラインとオフラインのボーダーにあるものは、情報と行動の差異であり、バーチャルとリアルの差異であるといえます。こうした状況下、マーケティング・プロモーションの分野においてO2O(Online to Offline)への注目が急速に高まってきています。 しかし、店舗へ誘客するような仕組みを持つO2Oプラットフォーム(SNSやO2Oサービス等)をプロモーションに活用しても、それが話題化・拡散せず、認知が高まらないために、オフラインに思うような効果をもたらせないケースが少なくありません。それは、O2Oという概念がオンラインを起点にした発想だからではないかと考えます。 弊社が地方自治体の県産品を首都圏の若い世代に向けてPRする事業をサポートした事例では、若い世代が集まるエリアにあるカフ…

2012.10.19

一覧を見る

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

お電話での各種お問い合わせはこちら

03-4531-0229 03-4531-0229

(受付時間/土日祝日を除く10:00~17:00)

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

お電話での各種お問い合わせはこちら

03-4531-0229 03-4531-0229

(受付時間/土日祝日を除く10:00~17:00)

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220