コミュニケーション課題を総合的に解決する広報・PR(パブリックリレーションズ)サービスを提供いたします。

OZMA PR

お問い合わせ

コラム

COLUMN

シリーズ:私が考える“新しい問い、新しい次代”  コロナ禍で鮮明になった観光立国の鍵を握るイン&アウトバウンドの循環づくり

2021.02.01広報担当

 

シリーズ:私が考える“新しい問い、新しい次代”
コロナ禍で鮮明になった観光立国の鍵を握るイン&アウトバウンドの循環づくり

 


 この度、コラム「私が考える“新しい問い、新しい次代”」の連載を開始しました。このコラムは当社のミッションである『世の中に新しい「問い」を立てることで、未来をより良い方向に導く。』と、私たちが日々どう向き合い行動しているのかをお伝えするためのものです。第1回はインバウンド・アウトバウンドプロモーションを手掛ける当社のグローバル開発部の三澤茂毅がコロナ禍でより想いを強くしたインバウンドとアウトバウンドの循環創出について執筆しました。


 

 

 ビジネス開発本部グローバル開発部の三澤です。日本への観光(=インバウンド)及び日本産製品の海外輸出(=アウトバウンド)関連の担当をしています。前職ではインバウンドに特化し、海外の旅行会社への旅行商材提供や官公庁及び地方自治体のインバウンドプロモーションを行っていました。その経験も現職に活かせていると思います。

 新型コロナウィルス感染拡大の影響を、最も受けている領域の一つに観光業があります。特に海外から日本への観光「インバウンド」は、ここ数年、右肩上がりで成長してきた注目分野であり、2020年は東京五輪で機運も高まっていましたが、人の移動が制限されることで壊滅的な打撃を受けることになりました。このタイミングでインバウンドについて考えてみようと思います。

 

コロナがなくても課題は山積みだった?

 「右肩上がりで成長してきた」と書きましたが、日本のインバウンドは何もかも順風満帆だったわけではありません。日本政府は「旅行客数」と「旅行消費額」の2点を大きな目標に掲げていて、前者は達成が見えていました。しかし、経済への影響を考えると、より重要となる後者は目標の半分程しか達成できていませんでした。海外の「富裕層」をターゲットに掲げながらも、上手くいっていないケースも多々あったからです。また、徐々に広がってきてはいますが、地方誘客もまだまだ大きな課題でした。各地域でその土地ならではの魅力があるのに、同質的になっていて、日本全体で見ればパイの奪い合いに見えることもありました。

 

日本全体としてどうチャンスを見出していくか

 パイの奪い合いになってしまうのは、「地方誘客」と掲げる以上、ある意味仕方がないことでもあります。例えば、雪の降らないアジア各国の旅行者に対して雪景色、スキーというコンテンツがある地域が人気になった後に、別の地域が「いやいや、うちの雪質はもっと良いので~」と言って旅行者に対しアピールするという具合です(もちろん露骨に比較することはほとんどありません)。自然と他地域との競争原理が働いてしまいますが、各地域は自地域への誘致をするために努力をしているのであって、何もおかしくありません。ただ、日本全体で考えた時、もっと良い方法があるのではないでしょうか?もっと日本全体としてパイを増やし、かつ各地域のディープな魅力を感じてもらうためにはどうすればいいのでしょうか?

 

インバウンドを促進するためにこそのアウトバウンド(=輸出)に着目

 この問いに対する答えは一つではないと思うのですが、私はアウトバウンド=産品輸出に着目しました。現実的に、世界中の旅行者に何度も日本の中の同じ地域を訪問してもらうことは相当難しいことです。ただ、そこまでしなくても、「旅をきっかけにその地のモノを好きになる。モノをきっかけによりその地が好きになって再び訪れたくなる。再び旅に出る。」という循環を創出できるのではないかと考えました。

 そして、この循環がしっかりと生み出されれば、それぞれの地域がファンを抱えることができ、パイの奪い合いが減り、かつ旅行中以外にもその地のモノが消費されるチャンスが増えるのではないか、という仮説を立てました。

 

ミャンマーの旅行者×鎌倉大仏×お土産の環境づくり

 私の知る限りで、決して大きくはないのですがこの循環を生み出しているケースが鎌倉にあります。高徳院の鎌倉大仏は、敬虔な仏教国であるミャンマーからの旅行者にとって、「必ず訪れるべきスポット」になっています。彼らは、実はある伝説を信じて、鎌倉を訪れています。その伝説は、「大仏の目の前にあるお店でミニチュア大仏のお土産を大量に買って、帰国後に知人に配ると、もらった人もあげた人もまた日本を訪れることができる」というものです。このケースで、媒介しているのはミニチュア大仏のお土産ですが、これが食べ物であってもお酒であっても工芸品であっても、こうした循環は生み出せるのではないか、そうであればローカルプロダクトは観光のアンバサダーでもあるのではないか、と考えました。

 

インバウンドとアウトバウンドの循環創出に向けて

 

 「旅をきっかけにその地のモノを好きになる。モノをきっかけによりその地が好きになって再び訪れたくなる。再び旅に出る。」

 この循環を創出するプラットフォームの構築を、新規プロジェクトとして立ち上げました。旅をする人もモノを買う人も既にいます。この人達をどう有機的に繋げるかがカギで、コミュニケーション上と、旅あるいはモノの流通(ディストリビューション)の両面でどういう仕掛けをするか、というのがプロジェクトチームとして肝となるポイントだと思っています。取り組みの一例としては、11月に、大分県別府市のDMODestination Marketing Organization)と協業し、シンガポール向けのオンラインイベントに出展しました。従来観光のプロモーションを主に担ってきた方々と、旅の魅力を通して特産品を届けるという挑戦をしています。また、平行して中国やアメリカのパートナーとも、この循環を創出するためのプロジェクトを進行しています。たくさんの方が構想に共感してくださり、パートナーを徐々に増やしています。これからは実際に事業として成立させていくためにどうすればいいか、というチャレンジをしていきます。

 

新しい時代の観光立国への挑戦

 このチャレンジは、コロナ禍になってしまったために始めたものではなく、以前から構想していたものでしたが、with/afterコロナの時代であっても適応しうるものであったために、構想を加速させた、と言う方が正しいです。確かにコロナによって観光は大きな影響を受け、バーチャルツアーやVRなど、新たな旅の形も広がりを見せました。しかし、旅の持つ本質的な価値は失われておらず、新しい時代の観光立国事業をどう創り出していくか、が大切だと思います。

 


 

三澤茂毅   ビジネス開発本部 グローバル開発部 シニア・アソシエイト

訪日外国人旅行専門ベンチャー企業に入社後、海外営業マネージャー、自治体向け訪日プロモーションなど新規事業開発を手掛ける。オズマピーアール入社後は、日本貿易振興機構の日本酒×シンガポール、日本産クラフトビール×北米の統合MCプロモーションに従事。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

シリーズ:私が考える“新しい問い、新しい次代”  組織のインターナル・コミュニケーションを円滑にするために必要なものとは?

2021.04.28

シリーズ:私が考える“新しい問い、新しい次代”  組織のインターナル・コミュニケーションを円滑にするために必要なものとは?

コラム「私が考える“新しい問い、新しい次代”」の連載を開始しました。このコラムは当社のミッションである『世の中に新しい「問い」を立てることで、未来をより良い方向に導く。』と、私たちが日々どう向き合い行動しているのかをお伝えするためのものです。第2回は「コミュニティ×サステナビリティ」の専門家であるビジネス開発本部の加藤雄一が組織と社員の評価を向上させるために必要なインターナル・コミュニケーションについて執筆しました。

2021.04.28広報担当
【開催レポート】第2回SDGsコミュニケーションサロン ~行動の9年に向けた、SDGs パートナーシップの在り方~

2021.03.26

【開催レポート】第2回SDGsコミュニケーションサロン ~行動の9年に向けた、SDGs パートナーシップの在り方~

主に企業の“SDGsコミュニケーション”の在り方を考え、互いに刺激しあいながら、様々な人・情報が交流するコミュニティ「SDGsコミュニケーションサロン」。2021年3月1日、第2回目のセミナーはSDGs市民社会ネットワークの長島美紀様、株式会社アキュラホームの西口彩乃様のお二人をお招きし、SDGs推進のために欠かせないパートナーシップをテーマにオンラインにて開催しました。

2021.03.26広報担当
社会潮流への洞察:最近の同調圧力に関する報道について ~同調圧力の顕在化メカニズム仮説~

2021.01.26

社会潮流への洞察:最近の同調圧力に関する報道について ~同調圧力の顕在化メカニズム仮説~

年が明けても、新型コロナウイルスの感染はいまだ収束が見えない状況にあります。このような現状に伴い、メディアの報道記事で「同調圧力」という言葉が使われる件数が増えてきました。過去10年の検索件数の推移を見ると、年々増えてきていましたが、特に2020年には1,307件(前年比2.4倍)と急増しています(表1)。「同調圧力」に対する関心が徐々に集まりつつあった中で、昨年発生した新型コロナウイルスにより、関心が加速しています。

2021.01.26広報担当
パーパスがあれば組織力は加速するのか? -PR会社が考える理念浸透の課題とドライブさせるためのコミュニケーション-

2021.01.18

パーパスがあれば組織力は加速するのか? -PR会社が考える理念浸透の課題とドライブさせるためのコミュニケーション-

経営理念が定着しない原因の一つに、「自分の価値観と違う」「事業や部署の考え方に腹落ちしていない」など、社員が自分ゴト化できないことが往々にして挙げられます。このような課題を解決するために、当社では、自分・組織の価値や社会的意義を含み、企業全体に設定するパーパスの考え方を応用し、事業を推進するチーム単位にブレイクダウンさせた「チームパーパス」を提案しています。

2021.01.18広報担当
【開催レポート】「SDGsコミュニケーションサロン」設立記念ウェビナー  ~サステナブル・ビジネス・マガジン『オルタナ』の森編集長をお招きして

2020.12.07

【開催レポート】「SDGsコミュニケーションサロン」設立記念ウェビナー  ~サステナブル・ビジネス・マガジン『オルタナ』の森編集長をお招きして

2020年11月19日、すでにお知らせしておりました通り、「SDGsコミュニケーションサロン」設立を記念したウェビナーをサステナブル・ビジネス・マガジン『オルタナ』の森摂編集長をお招きして開催しました。当日は、企業でSDGsを担当されている方や、マーケティング/コミュニケーション領域の方を中心に、多数のご参加をいただきました。

2020.12.07広報担当
コロナ禍のソーシャルリスニングから見えた社会潮流とは?!とあるウズ研・研究員の視点

2020.10.23

コロナ禍のソーシャルリスニングから見えた社会潮流とは?!とあるウズ研・研究員の視点

オズマグループの社内インキュベーション組織「社会潮流研究所」(通称:ウズ研)では、社会の潮流からコミュニケーションの兆しを見定め、世の中のうねりへと変える志高いプロジェクトが進行しています。各プロジェクトを並走しながらサポートするなか、私自身も社会潮流を改めて見定める衝動に駆られ、SNSの投稿を分析するソーシャルリスニングツールを用いて、このコロナ禍における口コミ(Twitter)から見える生活者感情をリサーチしてみました。

2020.10.23広報担当
「インバウンド回復に備える! Withコロナにおける海外生活者の情報収集・観光ニーズの変化と対策 ~台湾訪日旅行担当者とのライブセッション~」セミナーレポート

2020.10.12

「インバウンド回復に備える! Withコロナにおける海外生活者の情報収集・観光ニーズの変化と対策 ~台湾訪日旅行担当者とのライブセッション~」セミナーレポート

オズマグループ、ピーアールコンビナート2年目の宮崎です!オズマグループに就職する前は、台湾の大学に4年間留学していました。そんな私ですが、今年のゴールデンウイークは台湾で過ごすことを計画していた矢先、コロナで緊急事態宣言となってしまったため、台湾から日本に帰国後、まだ一度も台湾に戻れておりません!大学時代の友人にも早く会いたいのですが、直接会うことの出来ない状況が続いていると、やはり一体いつ台湾に行けるのだろうと、心配になります・・・そんななか、社内で、台湾の旅行会社やマーケティング会社の方を招いたライブセッションがあると聞いて、参加してみました。

2020.10.12広報担当
シリーズ:新しい時代における新しい当たり前について/③バーチャルとの融合で生まれるスポーツの新しい当たり前

2020.06.24

シリーズ:新しい時代における新しい当たり前について/③バーチャルとの融合で生まれるスポーツの新しい当たり前

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、国内外で野球やサッカーをはじめプロスポーツの試合が延期中断され、2020年8月に予定されていた全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の開催が中止になるなど、スポーツにおいてもこれまでの常識とは異なる状況が生じています。

2020.06.24広報担当

一覧を見る

メンバーインタビュー
MEMBER INTERVIEW

詳しくはこちら

メンバーインタビュー
“メンバーインタビュー“
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)
はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220