コラム

COLUMN

シリーズ:私が考える“新しい問い、新しい次代”  コロナ禍で鮮明になった観光立国の鍵を握るイン&アウトバウンドの循環づくり

2021.02.01広報担当

 

シリーズ:私が考える“新しい問い、新しい次代”
コロナ禍で鮮明になった観光立国の鍵を握るイン&アウトバウンドの循環づくり

 


 この度、コラム「私が考える“新しい問い、新しい次代”」の連載を開始しました。このコラムは当社のミッションである『世の中に新しい「問い」を立てることで、未来をより良い方向に導く。』と、私たちが日々どう向き合い行動しているのかをお伝えするためのものです。第1回はインバウンド・アウトバウンドプロモーションを手掛ける当社のグローバル開発部の三澤茂毅がコロナ禍でより想いを強くしたインバウンドとアウトバウンドの循環創出について執筆しました。


 

 

 ビジネス開発本部グローバル開発部の三澤です。日本への観光(=インバウンド)及び日本産製品の海外輸出(=アウトバウンド)関連の担当をしています。前職ではインバウンドに特化し、海外の旅行会社への旅行商材提供や官公庁及び地方自治体のインバウンドプロモーションを行っていました。その経験も現職に活かせていると思います。

 新型コロナウィルス感染拡大の影響を、最も受けている領域の一つに観光業があります。特に海外から日本への観光「インバウンド」は、ここ数年、右肩上がりで成長してきた注目分野であり、2020年は東京五輪で機運も高まっていましたが、人の移動が制限されることで壊滅的な打撃を受けることになりました。このタイミングでインバウンドについて考えてみようと思います。

 

コロナがなくても課題は山積みだった?

 「右肩上がりで成長してきた」と書きましたが、日本のインバウンドは何もかも順風満帆だったわけではありません。日本政府は「旅行客数」と「旅行消費額」の2点を大きな目標に掲げていて、前者は達成が見えていました。しかし、経済への影響を考えると、より重要となる後者は目標の半分程しか達成できていませんでした。海外の「富裕層」をターゲットに掲げながらも、上手くいっていないケースも多々あったからです。また、徐々に広がってきてはいますが、地方誘客もまだまだ大きな課題でした。各地域でその土地ならではの魅力があるのに、同質的になっていて、日本全体で見ればパイの奪い合いに見えることもありました。

 

日本全体としてどうチャンスを見出していくか

 パイの奪い合いになってしまうのは、「地方誘客」と掲げる以上、ある意味仕方がないことでもあります。例えば、雪の降らないアジア各国の旅行者に対して雪景色、スキーというコンテンツがある地域が人気になった後に、別の地域が「いやいや、うちの雪質はもっと良いので~」と言って旅行者に対しアピールするという具合です(もちろん露骨に比較することはほとんどありません)。自然と他地域との競争原理が働いてしまいますが、各地域は自地域への誘致をするために努力をしているのであって、何もおかしくありません。ただ、日本全体で考えた時、もっと良い方法があるのではないでしょうか?もっと日本全体としてパイを増やし、かつ各地域のディープな魅力を感じてもらうためにはどうすればいいのでしょうか?

 

インバウンドを促進するためにこそのアウトバウンド(=輸出)に着目

 この問いに対する答えは一つではないと思うのですが、私はアウトバウンド=産品輸出に着目しました。現実的に、世界中の旅行者に何度も日本の中の同じ地域を訪問してもらうことは相当難しいことです。ただ、そこまでしなくても、「旅をきっかけにその地のモノを好きになる。モノをきっかけによりその地が好きになって再び訪れたくなる。再び旅に出る。」という循環を創出できるのではないかと考えました。

 そして、この循環がしっかりと生み出されれば、それぞれの地域がファンを抱えることができ、パイの奪い合いが減り、かつ旅行中以外にもその地のモノが消費されるチャンスが増えるのではないか、という仮説を立てました。

 

ミャンマーの旅行者×鎌倉大仏×お土産の環境づくり

 私の知る限りで、決して大きくはないのですがこの循環を生み出しているケースが鎌倉にあります。高徳院の鎌倉大仏は、敬虔な仏教国であるミャンマーからの旅行者にとって、「必ず訪れるべきスポット」になっています。彼らは、実はある伝説を信じて、鎌倉を訪れています。その伝説は、「大仏の目の前にあるお店でミニチュア大仏のお土産を大量に買って、帰国後に知人に配ると、もらった人もあげた人もまた日本を訪れることができる」というものです。このケースで、媒介しているのはミニチュア大仏のお土産ですが、これが食べ物であってもお酒であっても工芸品であっても、こうした循環は生み出せるのではないか、そうであればローカルプロダクトは観光のアンバサダーでもあるのではないか、と考えました。

 

インバウンドとアウトバウンドの循環創出に向けて

 

 「旅をきっかけにその地のモノを好きになる。モノをきっかけによりその地が好きになって再び訪れたくなる。再び旅に出る。」

 この循環を創出するプラットフォームの構築を、新規プロジェクトとして立ち上げました。旅をする人もモノを買う人も既にいます。この人達をどう有機的に繋げるかがカギで、コミュニケーション上と、旅あるいはモノの流通(ディストリビューション)の両面でどういう仕掛けをするか、というのがプロジェクトチームとして肝となるポイントだと思っています。取り組みの一例としては、11月に、大分県別府市のDMODestination Marketing Organization)と協業し、シンガポール向けのオンラインイベントに出展しました。従来観光のプロモーションを主に担ってきた方々と、旅の魅力を通して特産品を届けるという挑戦をしています。また、平行して中国やアメリカのパートナーとも、この循環を創出するためのプロジェクトを進行しています。たくさんの方が構想に共感してくださり、パートナーを徐々に増やしています。これからは実際に事業として成立させていくためにどうすればいいか、というチャレンジをしていきます。

 

新しい時代の観光立国への挑戦

 このチャレンジは、コロナ禍になってしまったために始めたものではなく、以前から構想していたものでしたが、with/afterコロナの時代であっても適応しうるものであったために、構想を加速させた、と言う方が正しいです。確かにコロナによって観光は大きな影響を受け、バーチャルツアーやVRなど、新たな旅の形も広がりを見せました。しかし、旅の持つ本質的な価値は失われておらず、新しい時代の観光立国事業をどう創り出していくか、が大切だと思います。

 


 

三澤茂毅   ビジネス開発本部 グローバル開発部 シニア・アソシエイト

訪日外国人旅行専門ベンチャー企業に入社後、海外営業マネージャー、自治体向け訪日プロモーションなど新規事業開発を手掛ける。オズマピーアール入社後は、日本貿易振興機構の日本酒×シンガポール、日本産クラフトビール×北米の統合MCプロモーションに従事。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

(1)ルール形成で新たな市場の牽引役となる【後編】“誰も食べたことのない食品”の市場をつくる——培養肉におけるルール形成の道筋

2021.10.08

(1)ルール形成で新たな市場の牽引役となる【後編】“誰も食べたことのない食品”の市場をつくる——培養肉におけるルール形成の道筋

オズマピーアールは2020年6月より、多摩大学ルール形成戦略研究所と業務提携し、ルール形成市場のさらなる拡大と深化に向けて活動を進めています。社会構造の変容が急激に進み、それに伴うルール形成があらゆる分野で課題となっている今、新たな市場を作るためのパブリックアフェアーズへの関心はますます高まっています。第2回は、多摩大学ルール形成戦略研究所客員研究員の吉富愛望アビガイルさんをお招きしました。ルール形成戦略研究所が主催する細胞農業研究会で広報委員長を務める吉富さんと弊社五十嵐が、新しい市場づくりとルール形成について語り合います。

2021.10.08広報担当
(1)ルール形成で新たな市場の牽引役となる【前編】“誰も食べたことのない食品”の市場をつくる——培養肉におけるルール形成の道筋

2021.10.01

(1)ルール形成で新たな市場の牽引役となる【前編】“誰も食べたことのない食品”の市場をつくる——培養肉におけるルール形成の道筋

環境、人権、ジェンダーなど取り組むべき社会課題が山積する中で、ポリシーセクターやソーシャルセクターといった非市場領域と連携し、社会課題解決力を内包したビジネスモデルへの変革を提唱するソリューション「ルール形成」が今、注目されています。私たちオズマピーアールでも、パブリックアフェアーズ(PA)を担当する専門チームを立ち上げ、PAとPRを掛け合わせた「ルール形成コミュニケーション」の提供を開始しています。今回、経営におけるルール形成の必要性をより多くの方にお伝えしようと、弊社PAチームのメンバーがホストとなり、ルール形成の最前線で活躍されている方々をゲストに迎えた対談コラムを複数回に渡ってお届けします。第2回は吉富愛望アビガイルさんをお招きしました。多摩大学ルール形成戦略研究所が創設した細胞農業研究会で広報委員長を務める吉富さんと弊社五十嵐が、新しい市場づくりとルール形成について語り合います。

2021.10.01広報担当
【開催レポート】 第4回SDGsコミュニケーションサロン 廃材からブランドを創る! アップサイクルを成功させる3つのポイント ~瀬戸内造船家具の事例から~

2021.09.27

【開催レポート】 第4回SDGsコミュニケーションサロン 廃材からブランドを創る! アップサイクルを成功させる3つのポイント ~瀬戸内造船家具の事例から~

“SDGsコミュニケーション”の在り方を共に考え、刺激しあい、発展しあうことを目指して様々な人・情報が交流するコミュニティ 「SDGsコミュニケーションサロン」。4回目のセミナーは、「瀬戸内造船家具」プロデューサー・一ノ瀬寿人(弊社所属)が浅川造船株式会社 村上賢司様をゲストにお迎えし、オンラインにて開催しました(2021年9月8日)。

2021.09.27広報担当
コミュニケーション活動に“社会的意義”を取り込む

2021.09.10

コミュニケーション活動に“社会的意義”を取り込む

昨今、SDGsやESGという言葉を日常的に聞くようになってきました。サステナブル(持続可能)な事業活動や貢献を行う企業・組織・団体へのメディアからの注目も高まり、雑誌や新聞のみならずTVでも「SDGsウィ-ク/SDGsキャンペーン」などの企画を目にします。このような環境の中で企業・団体・組織のコミュニケーション活動を行っていく時、私たちが問わなければならないことは“社会的意義”です。

2021.09.10広報担当
(1)今、求められるルール形成戦略【後編】國分俊史氏(多摩大学ルール形成戦略研究所 所長)

2021.09.03

(1)今、求められるルール形成戦略【後編】國分俊史氏(多摩大学ルール形成戦略研究所 所長)

オズマピーアールは2020年6月より、多摩大学ルール形成戦略研究所と業務提携し、ルール形成市場のさらなる拡大と深化に向けて活動を進めています。パブリックリレーション、そして経営戦略を考えるうえで、近年特に注目されている「ルール形成」というキーワード。これからの経営にどう取り入れていくべきなのでしょうか。多摩大学ルール形成戦略研究所所長の國分俊史氏が、社会課題解決と経済安全保障のふたつの軸で読み解きます。

2021.09.03広報担当
【開催レポート】 第3回SDGsコミュニケーションサロン 「今注目される持続可能な海洋経済(ブルーエコノミー)の実現 『サンゴ礁』減少危機から見る企業のリスクとチャンスとは」

2021.09.03

【開催レポート】 第3回SDGsコミュニケーションサロン 「今注目される持続可能な海洋経済(ブルーエコノミー)の実現 『サンゴ礁』減少危機から見る企業のリスクとチャンスとは」

「世の中に新しい『問い』をたてることで、未来をより良い方向に導く」というミッションのもと、企業・団体のコミュニケーション活動を支援するオズマピーアールグループが運営する「SDGsコミュニケーションサロン」。2021年8月5日、第3回目のセミナーはWWF ジャパン サンゴ礁保護研究センター長 小林俊介様、株式会社イノカ 代表取締役CEO 高倉葉太様のお二人をゲストに、また合同会社カルチャークリエイティブ 代表取締役 牛山翔太様をモデレーターにお迎えしオンラインにて開催しました。テーマは6月開催のG7サミットでも採択された「ブルーエコノミー」。 海洋環境に配慮した持続可能な経済の実現は、”海”に関連する企業はもちろん、島国である日本の企業にとってもきわめて重要なテーマとなります。

2021.09.03広報担当
(1)今、求められるルール形成戦略【前編】國分俊史氏(多摩大学ルール形成戦略研究所 所長)

2021.08.27

(1)今、求められるルール形成戦略【前編】國分俊史氏(多摩大学ルール形成戦略研究所 所長)

環境、人権、ジェンダーなど取り組むべき社会課題が山積する中で、ポリシーセクターやソーシャルセクターといった非市場領域と連携し、社会課題解決力を内包したビジネスモデルへの変革を提唱するソリューション「ルール形成」が今、注目されています。 今回、経営におけるルール形成の必要性をより多くの方にお伝えしようと、弊社PAチームのメンバーがホストとなり、ルール形成の最前線で活躍されている方々をゲストに迎えた対談コラムを複数回に渡ってお届けします。1回目は多摩大学ルール形成戦略研究所の國分俊史所長と弊社井上が「ルール形成戦略」について語り合います。

2021.08.27広報担当
コロナ禍での社内コミュニケーションのあるべき姿

2021.07.02

コロナ禍での社内コミュニケーションのあるべき姿

今まさに、企業にて広報のご担当をされている方々は、BtoC企業、BtoB企業問わず、大変悩んでいるかと思います。世の中はいまや、企業のPurposeやVision策定が当たり前になりつつある中、ゼロから作らなきゃいけないという場合もあれば、作ったまではいいけれど、在宅勤務優先の環境下で社内浸透に悩んでいる場合もあるかと思います。また、広報部・広報室が船出したばかりだけど、コロナ禍の在宅勤務優先で社内コミュニケーション・社外コミュニケーションがとにかくやりづらいなど、思い当たること少しはありませんでしょうか?

2021.07.02広報担当
“フィルターバブル”の視点で考える現代の生活者の情報接触態度の考察

2021.06.28

“フィルターバブル”の視点で考える現代の生活者の情報接触態度の考察

私はコロナ禍でSNSでの誹謗中傷を始めとした様々な痛ましいニュースや人々の生活に戸惑いを与えるフェイクニュースを見るたびに、生活者の情報接触態度に問題意識を抱き始めました。本コラムでは現代の情報環境における情報収集上の課題と、生活者にとっての新たな情報接触態度の必要性を考察します。

2021.06.28広報担当

一覧を見る

メンバーインタビュー
MEMBER INTERVIEW

詳しくはこちら

メンバーインタビュー
“メンバーインタビュー“
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)
はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220