コラム

COLUMN

【開催レポート】第2回SDGsコミュニケーションサロン ~行動の9年に向けた、SDGs パートナーシップの在り方~

2021.03.26広報担当

 


【開催レポート】 第2回SDGsコミュニケーションサロン

~行動の9年に向けた、SDGs パートナーシップの在り方~


 

 主に企業の“SDGsコミュニケーションの在り方を考え、互いに刺激しあいながら、様々な人・情報が交流するコミュニティ「SDGsコミュニケーションサロン」。202131日、第2回目のセミナーはSDGs市民社会ネットワークの長島美紀様、株式会社アキュラホームの西口彩乃様のお二人をお招きし、SDGs推進のために欠かせないパートナーシップをテーマにオンラインにて開催しました。

 

【PROFILE】

一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク 長島美紀 氏

「持続可能な開発目標(SDGs」の達成を目指し、その実現に取り組む約120団体が加盟している日本唯一の市民社会組織ネットワークにて、業務執行理事を務める。認定NPO法人Malaria No More Japan理事、合同会社ながしま笑会代表、政治学博士。大学で研究活動の傍らNGOに関わったのをきっかけに、これまでさまざまなNGOや財団の広報・キャンペーン業務を経験。

 

 

株式会社アキュラホーム 西口彩乃 氏

2012 年入社。2018年、環境ジャーナリスト竹田有里氏からの相談をきっかけに「木のストロー」プロジェクトを発足、翌年世界で初めての開発に成功する。間伐材を活用した「木のストロー」普及活動が評価され、第29回「地球環境大賞」農林水産大臣賞を受賞。2020年、開発実話をつづった書籍『木のストロー』を発刊。広報室主任兼SDGs推進室室長。

 

 

コーディネーター/モデレーター 三樹 祐司(みつぎ・ゆうじ)

ピーアールコンビナート株式会社 執行役員

社会潮流研究所 SDGsコミュニケーション研究員。

 

 

 

 今回のセミナーでは長島様より他セクターとの連携における5つのステップについて、それぞれのフェイズでの具体的な事例をご紹介いただきました。また、日本初の気候変動株主提案が賛意を集めたこと、グローバル・コーヒーチェーンがコーヒー豆の取引におけるガイドラインを策定した事例を通じて、パートナーシップの重要性についてお話しいただきました。

 西口様からはモノづくりとはまったく接点のなかったプロジェクトスタートからいかにして周囲を巻き込み、様々な立場の人や組織と広くパートナーシップを育んでいったのか、またそれを通じて見事“世界初の「木のストロー」開発者”となった経緯を、ビビッドにプレゼンテーションいただきました。

 お二人のお話を受け三樹を交えたクロストークでは、以前は「あげる企業」「もらうNGO」のように受発注や主従関係に縛られる空気があり、関係性に歪みが発生しやすかったことが話題となりました。これを受け、パートナーシップの基本は「個人一人ひとり」にあること、閉じずに相手に興味を持つこと、99%自分と関係がなくとも「そのひとこと」に気づけるか否かであること、異なる立場ではあってもお互いの関係性の持続可能性を考え、それを不断に培っていくことの重要性などが挙げられ、一段議論が深まりました。

 最後に「パートナーシップを一言でいうと?」という三樹の投げかけに、長島様からは「相手に対するリスペクト、相手の立場を尊重することや『一緒につくっていく』という謙虚なスタンスがパートナーシップ成功のカギでは」、西口様からは「一言でいうと『可能性を広げるもの』。視野や人のネットワークが広がるにつれ、自身の見える世界もできる幅も広がっていった」とのコメントをいただきました。

 パートナーシップの在り方が多様になり、互いに関心を持ち合いながら関係性を深めてゆく大切さを、改めて確認できた今回のオンラインセミナー。SDGsコミュニケーションサロンは、多様かつ異なる立場の皆さまが共に考える場の創出のため活動を続けてまいります。広聴機能や発信力の強化、また外部との共創をお考えの際にはぜひ次回イベントへのご参加をいただければと思います。


関連リンク

ピーアールコンビナートのサービス:SDGs Social Issue Finder

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

新型リスクを3つの視点で読み解く  新しい社会課題について 若者らによるオンラインでの課題提起が定着

2022.01.20

新型リスクを3つの視点で読み解く  新しい社会課題について 若者らによるオンラインでの課題提起が定着

新型リスクを3つの視点の変化から捉える 前回のコラムでご紹介したように、「新型リスク」の概念は絶えず変動していますが、リスクの起因となる「社会課題」、課題提起の主体となる「アクター」、課題提起の「手法」の3つの変化から捉えることができます。本稿では、それぞれの視点からリスクの性質や特徴について整理していきます。

2022.01.20広報担当
専門家インタビュー 竹林正樹博士 ナッジ理論専門家/青森県立保健大学 相手が自発的に望ましい方向に動きたくなる「ナッジ」とは? 〜「OZMA Nudge Social Design Unit」におけるナッジ×PRの可能性(前編)

2022.01.17

専門家インタビュー 竹林正樹博士 ナッジ理論専門家/青森県立保健大学 相手が自発的に望ましい方向に動きたくなる「ナッジ」とは? 〜「OZMA Nudge Social Design Unit」におけるナッジ×PRの可能性(前編)

オズマピーアールでは2021年12月、行動経済学・ナッジ理論の専門家である竹林正樹博士をアドバイザーに迎え、ナッジの専門知識を活用した情報発信支援やオリジナルのナッジ研修メニューを提供する専門チーム「OZMA Nudge Social Design Unit」を始動しました。当活動は当社が一昨年立ち上げた、社員自らが考えビジネスシーズを発掘し、事業化に向けて調査・研究・開発を手がける組織『社会潮流研究所(通称「ウズ研」)』で採択されたプロジェクトです。当コラムでは竹林博士をお迎えし、ナッジ理論の現在と、ナッジ×PRの可能性についてお話をうかがいました。

2022.01.17広報担当
社会潮流への洞察:イノベーションの普及を阻害する心理的要因とは?

2022.01.12

社会潮流への洞察:イノベーションの普及を阻害する心理的要因とは?

「イノベーション」という言葉は20世紀初頭にシュンペーターによって提唱され、その後、国を問わずさまざまな文脈で語られ、日本でも戦略論や組織論において常にホットなテーマであり続けています。実際の企業経営においてもイノベーションという言葉は企業の成長戦略で多く語られています。2021年3月期を決算期とする上場会社から提出された有価証券報告書の「企業の概況」ならびに「事業の状況」の項目において、イノベーションという言葉を使用している企業数は572社もありました(※EDINETによる検索)。これは同決算期上場企業のおよそ4分の1にのぼります。

2022.01.12広報担当
< 社会潮流研究所|在住外国人インサイト調査2021(後編)>~日本人とは「時間をかけた関係構築」がオススメ!~ 日本在住台湾人157名に、来日後の日本人との付き合いに ついて調査|親しい距離になるまでに日台で時間差!

2021.12.24

< 社会潮流研究所|在住外国人インサイト調査2021(後編)>~日本人とは「時間をかけた関係構築」がオススメ!~ 日本在住台湾人157名に、来日後の日本人との付き合いに ついて調査|親しい距離になるまでに日台で時間差!

法務省出入国在留管理庁によると、令和3年6月末の在留外国人数は282万3,565人でした(2021.10発表)。コロナ禍でも依然多くの外国籍の方が日本に在住している中、私達は在住台湾人157人を対象に、日々の生活の中での日本人との付き合い方や感じている本音に迫る調査を行いました。題して「在住外国人インサイト調査2021」です。

2021.12.24広報担当
< 社会潮流研究所|在住外国人インサイト調査2021(前編)>~在日台湾人とは「少し砕けた接し方」がポイント!~ 日本在住台湾人157名に、来日後の日本人との付き合いに ついて調査|日台で距離の縮め方にギャップ!

2021.12.24

< 社会潮流研究所|在住外国人インサイト調査2021(前編)>~在日台湾人とは「少し砕けた接し方」がポイント!~ 日本在住台湾人157名に、来日後の日本人との付き合いに ついて調査|日台で距離の縮め方にギャップ!

株式会社オズマピーアールの社内インキュベーション組織「社会潮流研究所」では、様々な社会課題について研究を行っています。そのうちの一つとして、近年注目されつつある多文化共生のヒントを探るべく、在住外国人の方への調査研究を行っているチームがあります。この度、当チームでは20代~50代の在住台湾人157名を対象に、来日後の日本人との付き合いについて調査を行いました。

2021.12.24広報担当
(1)ルール形成で新たな市場の牽引役となる【後編】御社は10年後もありますか? 〜企業への問いが変わる中、未来への意思としてルール形成に取り組む~

2021.12.15

(1)ルール形成で新たな市場の牽引役となる【後編】御社は10年後もありますか? 〜企業への問いが変わる中、未来への意思としてルール形成に取り組む~

オズマピーアールは2020年6月より、多摩大学ルール形成戦略研究所と業務提携し、ルール形成市場のさらなる拡大と深化に向けて活動を進めています。社会構造の変容が急激に進み、それに伴うルール形成があらゆる分野で課題となっている今、新たな市場を作るためのパブリックアフェアーズへの関心はますます高まっています。第3回は、多摩大学大学院ルール形成戦略研究所副所⾧/株式会社オウルズコンサルティンググループ代表取締役CEOの羽生田慶介さんをお迎えしました。民間企業がすぐに取り組めるルール「調達ガイドライン」についてうかがった前編に続き、調達ガイドライン作りを進めるにあたって企業がとるべき戦略について、弊社西山との対談を通じ、さらに話を深めていきます。

2021.12.15広報担当
(1)ルール形成で新たな市場の牽引役となる【前編】民間企業が明日からできる、非市場戦略としてのルール形成

2021.12.15

(1)ルール形成で新たな市場の牽引役となる【前編】民間企業が明日からできる、非市場戦略としてのルール形成

環境、人権、ジェンダーなど取り組むべき社会課題が山積する中で、ポリシーセクターやソーシャルセクターといった非市場領域と連携し、社会課題解決力を内包したビジネスモデルへの変革を提唱するソリューション「ルール形成」が今、注目されています。私たちオズマピーアールでも、パブリックアフェアーズ(PA)を担当する専門チームを立ち上げ、PAとPRを掛け合わせた「ルール形成コミュニケーション」の提供を開始しています。今回、経営におけるルール形成の必要性をより多くの方にお伝えしようと、弊社PAチームのメンバーがホストとなり、ルール形成の最前線で活躍されている方々をゲストに迎えた対談コラムを複数回に渡ってお届けします。第3回は多摩大学大学院ルール形成戦略研究所副所⾧/株式会社オウルズコンサルティンググループ代表取締役CEOの羽生田慶介さんをお迎えしました。経営戦略・事業戦略に関する豊富なコンサルティング経験をお持ちの羽生田さんと、弊社西山が、企業が取り組むべきルール形成と企業価値を伝えるストーリーの重要性について語り合います。

2021.12.15広報担当
企業は社会課題起因の「新型リスク」に備えよ_新しい社会課題に紐づいたリスクが増加中 企業はリスク対策のアップデートを

2021.11.18

企業は社会課題起因の「新型リスク」に備えよ_新しい社会課題に紐づいたリスクが増加中 企業はリスク対策のアップデートを

「新型リスク」の登場___環境や人権の経営課題化、インターネットやSNSの浸透、ミレニアル世代やZ世代の台頭など社会環境が大きく変化する中で、従来と異なる新しいタイプの企業リスクが出現しています。オズマピーアールではこれを「新型リスク」と定義し、分析を進めています。新型リスクは次の3つの特徴を示します。 ①環境や人権、多様性など新しい社会課題に起因すること、②NPO/NGOやZ世代など新しいアクターが関わること、③オンライン署名やツイッターデモなど新しい手法で展開されること。以下では新型リスクの実態と企業が取るべき対策を考えていきます。

2021.11.18広報担当
コーポレート・コミュニケーションは、何から始めるべき? ―企業の認知度やブランドを向上させる「広報戦略」の重要性―

2021.11.18

コーポレート・コミュニケーションは、何から始めるべき? ―企業の認知度やブランドを向上させる「広報戦略」の重要性―

今回のコラムでは、オズマピーアールが考えるコーポレート・コミュニケーションについてご紹介します。コーポレート・コミュニケーションを強化する際には、一体どのようなことから着手すべきでしょうか? そもそもコーポレート・コミュニケーションとは、日本パブリックリレーションズ協会のホームページから抜粋すると、「社会や消費者に対し、企業の理念や活動内容、情報を伝達する活動」とあります。つまり、企業自体を発信していくコミュニケーション活動を指しています。

2021.11.18広報担当

一覧を見る

メンバーインタビュー
MEMBER INTERVIEW

詳しくはこちら

メンバーインタビュー
“メンバーインタビュー“
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)
はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220