コラム

COLUMN

【開催レポート】第2回SDGsコミュニケーションサロン ~行動の9年に向けた、SDGs パートナーシップの在り方~

2021.03.26広報担当

 


【開催レポート】 第2回SDGsコミュニケーションサロン

~行動の9年に向けた、SDGs パートナーシップの在り方~


 

 主に企業の“SDGsコミュニケーションの在り方を考え、互いに刺激しあいながら、様々な人・情報が交流するコミュニティ「SDGsコミュニケーションサロン」。202131日、第2回目のセミナーはSDGs市民社会ネットワークの長島美紀様、株式会社アキュラホームの西口彩乃様のお二人をお招きし、SDGs推進のために欠かせないパートナーシップをテーマにオンラインにて開催しました。

 

【PROFILE】

一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク 長島美紀 氏

「持続可能な開発目標(SDGs」の達成を目指し、その実現に取り組む約120団体が加盟している日本唯一の市民社会組織ネットワークにて、業務執行理事を務める。認定NPO法人Malaria No More Japan理事、合同会社ながしま笑会代表、政治学博士。大学で研究活動の傍らNGOに関わったのをきっかけに、これまでさまざまなNGOや財団の広報・キャンペーン業務を経験。

 

 

株式会社アキュラホーム 西口彩乃 氏

2012 年入社。2018年、環境ジャーナリスト竹田有里氏からの相談をきっかけに「木のストロー」プロジェクトを発足、翌年世界で初めての開発に成功する。間伐材を活用した「木のストロー」普及活動が評価され、第29回「地球環境大賞」農林水産大臣賞を受賞。2020年、開発実話をつづった書籍『木のストロー』を発刊。広報室主任兼SDGs推進室室長。

 

 

コーディネーター/モデレーター 三樹 祐司(みつぎ・ゆうじ)

ピーアールコンビナート株式会社 執行役員

社会潮流研究所 SDGsコミュニケーション研究員。

 

 

 

 今回のセミナーでは長島様より他セクターとの連携における5つのステップについて、それぞれのフェイズでの具体的な事例をご紹介いただきました。また、日本初の気候変動株主提案が賛意を集めたこと、グローバル・コーヒーチェーンがコーヒー豆の取引におけるガイドラインを策定した事例を通じて、パートナーシップの重要性についてお話しいただきました。

 西口様からはモノづくりとはまったく接点のなかったプロジェクトスタートからいかにして周囲を巻き込み、様々な立場の人や組織と広くパートナーシップを育んでいったのか、またそれを通じて見事“世界初の「木のストロー」開発者”となった経緯を、ビビッドにプレゼンテーションいただきました。

 お二人のお話を受け三樹を交えたクロストークでは、以前は「あげる企業」「もらうNGO」のように受発注や主従関係に縛られる空気があり、関係性に歪みが発生しやすかったことが話題となりました。これを受け、パートナーシップの基本は「個人一人ひとり」にあること、閉じずに相手に興味を持つこと、99%自分と関係がなくとも「そのひとこと」に気づけるか否かであること、異なる立場ではあってもお互いの関係性の持続可能性を考え、それを不断に培っていくことの重要性などが挙げられ、一段議論が深まりました。

 最後に「パートナーシップを一言でいうと?」という三樹の投げかけに、長島様からは「相手に対するリスペクト、相手の立場を尊重することや『一緒につくっていく』という謙虚なスタンスがパートナーシップ成功のカギでは」、西口様からは「一言でいうと『可能性を広げるもの』。視野や人のネットワークが広がるにつれ、自身の見える世界もできる幅も広がっていった」とのコメントをいただきました。

 パートナーシップの在り方が多様になり、互いに関心を持ち合いながら関係性を深めてゆく大切さを、改めて確認できた今回のオンラインセミナー。SDGsコミュニケーションサロンは、多様かつ異なる立場の皆さまが共に考える場の創出のため活動を続けてまいります。広聴機能や発信力の強化、また外部との共創をお考えの際にはぜひ次回イベントへのご参加をいただければと思います。


関連リンク

ピーアールコンビナートのサービス:SDGs Social Issue Finder

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

コミュニケーション活動に“社会的意義”を取り込む

2021.09.10

コミュニケーション活動に“社会的意義”を取り込む

昨今、SDGsやESGという言葉を日常的に聞くようになってきました。サステナブル(持続可能)な事業活動や貢献を行う企業・組織・団体へのメディアからの注目も高まり、雑誌や新聞のみならずTVでも「SDGsウィ-ク/SDGsキャンペーン」などの企画を目にします。このような環境の中で企業・団体・組織のコミュニケーション活動を行っていく時、私たちが問わなければならないことは“社会的意義”です。

2021.09.10広報担当
(1)今、求められるルール形成戦略【後編】國分俊史氏(多摩大学ルール形成戦略研究所 所長)

2021.09.03

(1)今、求められるルール形成戦略【後編】國分俊史氏(多摩大学ルール形成戦略研究所 所長)

オズマピーアールは2020年6月より、多摩大学ルール形成戦略研究所と業務提携し、ルール形成市場のさらなる拡大と深化に向けて活動を進めています。パブリックリレーション、そして経営戦略を考えるうえで、近年特に注目されている「ルール形成」というキーワード。これからの経営にどう取り入れていくべきなのでしょうか。多摩大学ルール形成戦略研究所所長の國分俊史氏が、社会課題解決と経済安全保障のふたつの軸で読み解きます。

2021.09.03広報担当
【開催レポート】 第3回SDGsコミュニケーションサロン 「今注目される持続可能な海洋経済(ブルーエコノミー)の実現 『サンゴ礁』減少危機から見る企業のリスクとチャンスとは」

2021.09.03

【開催レポート】 第3回SDGsコミュニケーションサロン 「今注目される持続可能な海洋経済(ブルーエコノミー)の実現 『サンゴ礁』減少危機から見る企業のリスクとチャンスとは」

「世の中に新しい『問い』をたてることで、未来をより良い方向に導く」というミッションのもと、企業・団体のコミュニケーション活動を支援するオズマピーアールグループが運営する「SDGsコミュニケーションサロン」。2021年8月5日、第3回目のセミナーはWWF ジャパン サンゴ礁保護研究センター長 小林俊介様、株式会社イノカ 代表取締役CEO 高倉葉太様のお二人をゲストに、また合同会社カルチャークリエイティブ 代表取締役 牛山翔太様をモデレーターにお迎えしオンラインにて開催しました。テーマは6月開催のG7サミットでも採択された「ブルーエコノミー」。 海洋環境に配慮した持続可能な経済の実現は、”海”に関連する企業はもちろん、島国である日本の企業にとってもきわめて重要なテーマとなります。

2021.09.03広報担当
(1)今、求められるルール形成戦略【前編】國分俊史氏(多摩大学ルール形成戦略研究所 所長)

2021.08.27

(1)今、求められるルール形成戦略【前編】國分俊史氏(多摩大学ルール形成戦略研究所 所長)

環境、人権、ジェンダーなど取り組むべき社会課題が山積する中で、ポリシーセクターやソーシャルセクターといった非市場領域と連携し、社会課題解決力を内包したビジネスモデルへの変革を提唱するソリューション「ルール形成」が今、注目されています。 今回、経営におけるルール形成の必要性をより多くの方にお伝えしようと、弊社PAチームのメンバーがホストとなり、ルール形成の最前線で活躍されている方々をゲストに迎えた対談コラムを複数回に渡ってお届けします。1回目は多摩大学ルール形成戦略研究所の國分俊史所長と弊社井上が「ルール形成戦略」について語り合います。

2021.08.27広報担当
コロナ禍での社内コミュニケーションのあるべき姿

2021.07.02

コロナ禍での社内コミュニケーションのあるべき姿

今まさに、企業にて広報のご担当をされている方々は、BtoC企業、BtoB企業問わず、大変悩んでいるかと思います。世の中はいまや、企業のPurposeやVision策定が当たり前になりつつある中、ゼロから作らなきゃいけないという場合もあれば、作ったまではいいけれど、在宅勤務優先の環境下で社内浸透に悩んでいる場合もあるかと思います。また、広報部・広報室が船出したばかりだけど、コロナ禍の在宅勤務優先で社内コミュニケーション・社外コミュニケーションがとにかくやりづらいなど、思い当たること少しはありませんでしょうか?

2021.07.02広報担当
“フィルターバブル”の視点で考える現代の生活者の情報接触態度の考察

2021.06.28

“フィルターバブル”の視点で考える現代の生活者の情報接触態度の考察

私はコロナ禍でSNSでの誹謗中傷を始めとした様々な痛ましいニュースや人々の生活に戸惑いを与えるフェイクニュースを見るたびに、生活者の情報接触態度に問題意識を抱き始めました。本コラムでは現代の情報環境における情報収集上の課題と、生活者にとっての新たな情報接触態度の必要性を考察します。

2021.06.28広報担当
シリーズ:私が考える“新しい問い、新しい次代”  組織のインターナル・コミュニケーションを円滑にするために必要なものとは?

2021.04.28

シリーズ:私が考える“新しい問い、新しい次代”  組織のインターナル・コミュニケーションを円滑にするために必要なものとは?

コラム「私が考える“新しい問い、新しい次代”」の連載を開始しました。このコラムは当社のミッションである『世の中に新しい「問い」を立てることで、未来をより良い方向に導く。』と、私たちが日々どう向き合い行動しているのかをお伝えするためのものです。第2回は「コミュニティ×サステナビリティ」の専門家であるビジネス開発本部の加藤雄一が組織と社員の評価を向上させるために必要なインターナル・コミュニケーションについて執筆しました。

2021.04.28広報担当
シリーズ:私が考える“新しい問い、新しい次代”  コロナ禍で鮮明になった観光立国の鍵を握るイン&アウトバウンドの循環づくり

2021.02.01

シリーズ:私が考える“新しい問い、新しい次代”  コロナ禍で鮮明になった観光立国の鍵を握るイン&アウトバウンドの循環づくり

この度、コラム「私が考える“新しい問い、新しい次代”」の連載を開始しました。このコラムは当社のミッションである『世の中に新しい「問い」を立てることで、未来をより良い方向に導く。』と、私たちが日々どう向き合い行動しているのかをお伝えするためのものです。第1回はインバウンド・アウトバウンドプロモーションを手掛ける当社のグローバル開発部の三澤茂毅がコロナ禍でより想いを強くしたインバウンドとアウトバウンドの循環創出について執筆しました。

2021.02.01広報担当
社会潮流への洞察:最近の同調圧力に関する報道について ~同調圧力の顕在化メカニズム仮説~

2021.01.26

社会潮流への洞察:最近の同調圧力に関する報道について ~同調圧力の顕在化メカニズム仮説~

年が明けても、新型コロナウイルスの感染はいまだ収束が見えない状況にあります。このような現状に伴い、メディアの報道記事で「同調圧力」という言葉が使われる件数が増えてきました。過去10年の検索件数の推移を見ると、年々増えてきていましたが、特に2020年には1,307件(前年比2.4倍)と急増しています(表1)。「同調圧力」に対する関心が徐々に集まりつつあった中で、昨年発生した新型コロナウイルスにより、関心が加速しています。

2021.01.26広報担当

一覧を見る

メンバーインタビュー
MEMBER INTERVIEW

詳しくはこちら

メンバーインタビュー
“メンバーインタビュー“
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)
はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220