message

なんでもできるPR会社ではなく、「この領域なら任せられる」「この仕事はぜひお願いしたい」と、クライアントから指名される、強みを持ったPR会社へ 取締役会長 境 信幸

近年、“PRファースト”という考え方が広がってきています。以前は、情報を広く伝えていこうとした時に、まず広告やイベントの企画を考えて、PRは付属的な存在でした。しかし、トータルコミュニケーションを考えた時に、PR発想をまず最初に持ってきて、それから様々なコミュニケーション施策を展開した方が、効率的かつ効果的に情報が伝わっていくことに、市場がようやく気づきはじめたのです。

PRの重要性が高まってきている一方で、クライアントからの要求は環境変化のスピードと共にますます高度化しています。そこで、当社では、基本的なPR業務をベースにしながら、特化領域・特化機能をつくることに取り組んでいます。私はこれを、“PRの土台作り”と呼んでいます。クライアントからの高い要求に対して、ゼロからのスタートでは、応えるまでに時間がかかってしまう。しかし、特化領域・特化機能という土台を作っておけば、クライアントの要求に最短距離で応えることができます。オズマピーアールグループは、なんでもできるPR会社ではなく、「この領域なら任せられる」、「この仕事はぜひお願いしたい」と、クライアントから指名される、強みを持ったPR会社を目指しています。

PRとは“パブリック・リレーションズ”であるとともに、“ピープルズ・リレーションズ”でもあると私は考えます。つまり、人と人とのコミュニケーションがPRの基本なのです。PRという手法で様々な情報を必要とする生活者に伝える。そこでもっとも重要なことは、伝えた情報が生活者の生活を豊かにしたり、ワクワクさせたり、そして笑顔にさせたりすることー これがPRの本質だと考えます。

PRに向いている人材としては、まず人間的な素質として「明るいこと」、「好奇心旺盛なこと」、「フットワークが良いこと」の3つを備えていること。さらに、これに加えて、頭の中の思考力として「アイデア力」、「実行力」、そして「コミュニケーション力」を持っていることが大切です。こうした素質・思考力をベースにしながら、いろいろな考え方、経験、ノウハウを持った、“カラフル”な人たちが、当社に集まって欲しいと考えています。そして、“カラフル”な人たちとのチーム力で、さまざまなコミュニケーション課題を解決し、オズマピーアールグループのさらなる飛躍を図って行きたいです。

これからPR業界を目指す人たちは、ぜひ、PRのプロフェッショナルとして立つファーストステージにオズマピーアールグループを選んで欲しいと思います。そして、私たちと一緒になって成長し、自己実現にチャレンジしていきましょう。

message

recruit
採用情報

more more