workplace 12の制度と環境

  • 01 01 導入研修

    プロフェッショナルキャリアへの“初めの一歩”。入社後1ヶ月間は仮配属とし、集中的に研修を受講。前線で働く社員が講師に立つ実務研修や、模擬プランニングを体験する実践的なグループワークも実施します。異業種企業合同のビジネススキル研修や、博報堂グループ会社との合同研修、懇親会も恒例行事に。社会人の入り口からネットワークづくりの機会を豊富に提供します。

  • 02 02 博報堂グループ研修

    博報堂主催の研修・セミナーにも参加可能。コミュニケーション手法を制約しない統合プロデュースの担い手育成にグループ研修は須要。マーケティング・カンパニーグループの一員だからこそ享受できるものです。機密情報の取り扱い事業者として、クライアントや取引先、社員や家族にとっても安心いただける企業活動の実現のために、情報セキュリティやコンプライアンス(法令遵守)のリテラシー向上に対応した研修、eラーニングも随時実施しています。

  • 03 03 PRSJ認定資格PRプランナー取得
    支援制度

    人材育成、高品質サービスの提供、顧客満足度の獲得、さらに業界発展の実現のために、日本パブリックリレーションズ協会(PRSJ)が公式に認定する「PRプランナー資格」の取得を推奨しています。受験料、認定登録料など、取得にかかわる費用は福利厚生の一環として会社がバックアップ。資格保有者には認定登録番号が付与されます。番号が印字された名刺をもてば、PRプロフェッショナルとしての一層の自覚をもつことでしょう。

  • 04 04 ワークショップ

    オズママインド(創業精神)、経営ビジョン、行動価値観の共有、またキャリア開発やイノベーション誘発を目的に実施。「対話」と「考える時間」に投資した経営施策のひとつです。部署を越え、現場に散在する小さな悩みから大きな障害まで、余すことなく語りつくされます。言語化・見える化させることでアイデアのタネが事業化するきっかけづくりにもなれば、キャリアの棚卸しにもつながります。本取り組みは企業成長の重要なエンジンとして位置づけられています。

  • 05 05 5esson(ゴエッソン)

    社内環境パーソンの総称。5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)の解決を行動指針に、クリエイティビィに富んだアイデアで本活動に取り組みます。改善推進のエバンジェリストであるゴエッソン(『5S+環境パーソン』の造語)は、「CLEAN OZMA」を目標に、次代のスマートな働き方を模索するインターナルコミュニケーションのリーダー的存在です。また環境マインドの醸成は、CSRやサステナビリティといった社会テーマにも通じます。

  • 06 06 オズマボード

    グループ最大催事、年に一度の大祭典。当期プロジェクトから特に抜きん出た事例を褒賞する「スペシャル部門」。全社員が参加し、OZMAグループNo.1のアイディアマンを決定する「Mer Lions部門」。現場はさながら、オズマグループの英知を結集させた展覧会ともいえます。未来のビジネスを創出する装置の機能をも有し、優秀事例の中から、国際クリエイティブアワードに出展することも支援。メンバーの参加費用、渡航費等は会社がバックアップ。

  • 07 07 tanetone(タネトネ)

    新卒社員による、自主勉強会が前身のプロジェクト。新卒入社の“あるある”の代表例に「業務機会の時差発生」があります。それが生む互いの羨望や焦燥感が発案の動力に。同期の業務探りから始まった情報共有会。現場目線で議論される内容は、時に全社資産に化けるコンテンツも。「新卒による新卒のための」会は、「新卒による全社のための」ナレッジシェア機会に転身。若手目線から生まれるアイデアのタネは、土に根を張り、芽を出し、木になり、実を結び、また土に返る。新卒発想の当社オリジナルコンテンツ。

  • 08 08 Dynamos(ダイナモ)

    社員による社員のためのゼミ型勉強会。テーマの発案から講師役まですべて社員が担当し、実際的な実務研修として日々の業務をサポート。蓄積しているアイデアや専門的な知見、キャリア採用の社員が持っている特殊な外部ナレッジを共有する機会にもなっています。部門間をまたいだ人材交流の効用も期待。ダイナモ命名の由来には、社員の熱量(=運動エネルギー)を、企業競争力(=地場エネルギー)に変換させる“発電機”の役割を担って欲しい、という想いが込められています。

  • 09 09 オウンドメディア『移住のニュー・
    スタンダード!雛形』

    自社運営するWebマガジン。“模範とするかたち”と“雛のかたち”の意味をもつ「雛形」。完成されたかたちではなく、これからつくられていくかたちを表す“雛”と、それらを“模範(ロールモデル)”とすることで現在進行形の地域暮らしのかたちを描いていこうとする地域移住をテーマに情報を発信。旅・食・カルチャー・ライフスタイルなどをテーマに雑誌・書籍の編集経験をもつ雛形編集部は、「雛形」を舞台に、これからつくられていく地域移住の入り口をひらいていきます。

  • 10 10 AD+VENTURE
    (アドベンチャー)

    博報堂DYグループ横断で推進する、公募型・ビジネス提案制度です。既存のビジネス領域にとどまらず、新規領域の開拓を推進する取り組み。応募、審査、育成、事業化までのプロセスも支援してくれるインキュベーションプログラム。既存業務外のアイデアも事業化するチャンスは、アントレプレナーシップの醸成にもつながります。

  • 11 11 フリーバカンス制度

    夏季休暇と冬季休暇を合わせた特別休暇の総称、通称「フリバカ」です。夏季(7月~9月)と冬季(10月~3月)それぞれに付与される特別休暇3日間。既存の有給休暇との連続取得も推奨し、社員のリフレッシュ機会を促進する制度です。休暇中のインプットは表現の選択肢を広げることにも期待。メリハリのある働き方で生産性の向上もはかります。チームで連携し支え合い、“お互いさま”の気持ちを大切に「フリバカ」を取得できるようにしています。

  • 12 12 プレミアムフライデー
    の推進

    2017年2月24日(金)より始まる「プレミアムフライデー」。オズマピーアールも取り組みに賛同し、独自の社内キャンペーンを展開。月末金曜日の「有給休暇取得(全休・半休)」を推奨しています。頑張った自分をねぎらう。自己研鑽に励む。職場の仲間や友人と出かける。大切な家族と過ごす。ゆったり旅行に出掛けてみる。月の最後の金曜日は仕事を早く切り上げて、いつもより少し豊かな時間を。

recruit
採用情報

more more