workplace 12の制度と環境

  • 01 01 導入研修

    “第一級のプロフェッショナル”への初めの一歩。入社後1ヶ月間は仮配属とし、集中的に研修を受講。前線で働く社員が講師に立つ実務研修や、模擬プランニングを体験する実践的なグループワークも実施します。異業種企業合同のビジネススキル研修や、博報堂グループ会社との合同研修、懇親会も恒例行事に。社会人の入り口からネットワークづくりの機会を豊富に提供します。

  • 02 02 博報堂グループ研修

    博報堂主催の研修・セミナーにも参加可能。コミュニケーション手法を制約しない統合プロデュースの担い手育成にグループ研修は須要。マーケティング・カンパニーグループの一員だからこそ享受できるものです。機密情報の取り扱い事業者として、クライアントや取引先、社員や家族にとっても安心いただける企業活動の実現のために、情報セキュリティやコンプライアンス(法令遵守)のリテラシー向上に対応した研修、eラーニングも随時実施しています。

  • 03 03 PRSJ認定資格PRプランナー取得
    支援制度

    人材育成、高品質サービスの提供、顧客満足度の獲得、さらに業界発展の実現のために、日本パブリックリレーションズ協会(PRSJ)が公式に認定する「PRプランナー資格」の取得を推奨しています。受験料、認定登録料など、取得にかかわる費用は福利厚生の一環として会社がバックアップ。資格保有者には認定登録番号が付与されます。番号が印字された名刺をもてば、PRプロフェッショナルとしての一層の自覚をもつことでしょう。

  • 04 04 ハッソウゼミ

    オズマ独自のプランニングメソッドの体得や、博報堂のトップクリエイターを招いた様々なフレームワークの学習をテーマにした研修体です。特にプランニングメソッドは、少人数のゼミ形式で複数回開講。参加者は個人ワーク・発表によりPRハッソウ力を鍛え、プランニングに落とし込む“実践”形式の研修です。外部講師も招聘し、多面的に訓練を実施。プランニングスキルの底上げを図ります。

  • 05 05 フレックスタイム制

    個人の自由裁量を拡大するために、コアタイム(10時~15時)を設けたフレックスタイム制度を導入。自らコントロールできる時間の幅を広げることで、優れた「時間設計力」と「業務設計力(仕事の設計図作り)」の獲得を促します。結果的にオンオフのメリハリもつき、第一級のプロフェッショナルとしての「健康で創造的」な働き方を実現します。

  • 06 06 休暇制度

    有給休暇とは別に「年間10日(連続5日休暇を年2回)」の特別休暇を付与する「フリーバカンス制度」(通称“フリバカ”)。オズマグループ各社に設けられた「創業記念休暇」。月末金曜日の「有給休暇取得(全休・半休)」を推奨する「プレミアムフライデー推進」など休暇制度はさまざま。休暇中のインプットは表現の選択肢を広げることにも期待。リフレッシュ機会はメリハリのある働き方を促し生産性の向上も手助けしてくれます。チームで連携し支え合い、“お互いさま”の気持ちを大切に各休暇制度を取得できるようにしています。

  • 07 07 同性パートナーシップ制度

    同性パートナーを公式に認定。認定証の交付をはじめ、慶弔見舞規程や結婚休暇も適用。カラフルな人材を受け入れ、一人ひとりが自分の個性を活かす。同制度を起点にダイバーシティ&インクルージョンの社内風土づくりを推進しています。

  • 08 08 ナナカン(部活動)

    部署やプロジェクト、同期だけでなく、組織を横断した“ナナメの関係(ナナカン)”づくりをサポート。「ランニング部」、「自転車部」、「グラフィックレコーディング部」など運動系・文系の多彩な部が積極的に活動中。各部活は社内全体も巻き込み、コミュニケーションエンジンとして機能。今後も社員発で新たな部活動が発足していく予定です。

  • 09 09 オズマボード

    グループ最大の祭典。”良い仕事“について考え、知見共有する場として実施。確かな専門性を基盤にしたPRサービスの提供により成果を獲得した業務を褒賞する「スペシャル部門」、従来のPRの枠に捉われない挑戦をした事例を選定する「チャレンジ部門」の2部門で構成。審査委員会を設け選考を行う。アイディアコンペ「オズマハッカソン」も実施。選考結果を受け、優秀な作品を海外アワードへエントリー作品として出展することも支援。

  • 10 10 5esson(ゴエッソン)

    社内環境パーソンの総称。5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)の解決を行動指針に、クリエイティビィに富んだアイデアで本活動に取り組みます。改善推進のエバンジェリストであるゴエッソン(『5S+環境パーソン』の造語)は、「CLEAN OZMA」を目標に、次代のスマートな働き方を模索するインターナルコミュニケーションのリーダー的存在です。また環境マインドの醸成は、CSRやサステナビリティといった社会テーマにも通じます。

  • 11 11 オウンドメディア『移住のニュー・
    スタンダード!雛形』

    自社運営するWebマガジン。“模範とするかたち”と“雛のかたち”の意味をもつ「雛形」。完成されたかたちではなく、これからつくられていくかたちを表す“雛”と、それらを“模範(ロールモデル)”とすることで現在進行形の地域暮らしのかたちを描いていこうとする地域移住をテーマに情報を発信。旅・食・カルチャー・ライフスタイルなどをテーマに雑誌・書籍の編集経験をもつ雛形編集部は、「雛形」を舞台に、これからつくられていく地域移住の入り口をひらいていきます。

  • 12 12 AD+VENTURE
    (アドベンチャー)

    博報堂DYグループ横断で推進する、公募型・ビジネス提案制度です。既存のビジネス領域にとどまらず、新規領域の開拓を推進する取り組み。応募、審査、育成、事業化までのプロセスも支援してくれるインキュベーションプログラム。既存業務外のアイデアも事業化するチャンスは、アントレプレナーシップの醸成にもつながります。

recruit
新卒採用・キャリア採用

more more more more