コミュニケーション課題を総合的に解決する広報・PR(パブリックリレーションズ)サービスを提供いたします。

OZMA PR

お問い合わせ

事例

CASE STUDY

移住の入り口を提案するオズマピーアールのオウンドメディア『雛形』。新たな共創プログラム「地域エディットブランディング」始動!

2015.08.19広報担当

hinagata_top

“移住のニュースタンダード!”をコンセプトに、2015年1月5日にオープンしたローカルライフ・マガジン『雛形(ひながた)』(http://www.hinagata-mag.com)。

地域ブランディングにおいて10年の実績がある弊社が制作・運営を担当しています。
『雛形』は、地域で暮らす・働くことを選んだ移住者の「インタビュー」や、文化人や地域で暮らす人、さまざまな視点から地域の魅力を深堀する「コラム」、地域のユニークな取り組みやイベントを紹介する「ニュース」などの記事を通じて、地域暮らしの今を伝えていくウェブマガジンです。

近年、地域ブランディングのニーズは変わりつつあります。
PRの領域は、観光誘致やシティプロモーションだけでなく、地産品の消費や移住定住促進など、多方面に広がっています。またWEBの台頭は、企業や自治体にメディア力をもたらし、様々なステークホルダーが発信力を持てる時代になりました。
しかし、10年以上地域ブランディングに関わる中、そんな地域の変化、メディアの変化を肌で感じつつも、依然としてシャッター商店街や限界集落等、地域の課題に直面する状況は変わりありません。
そんな山積する地域の課題に対して、地方創生に注目が集まる今だからこそ、さらにPR視点でできることがあるのではないか。従来のPRに「編集力」を掛けあわせ、地域ごとに合った課題解決の方法を生んでいけるのではないか。こうした想いから始まったのが、ウェブマガジン 『雛形』 です。

このほど、『雛形』と、地域のステイクホルダーとの共創から始まる地域ブランドづくりを推進する博報堂の地域共創ブランディングチーム『LoCoBra(ロコブラ)』、地域の魅力を発信するウェブマガジン『Colocal(コロカル)』(株式会社マガジンハウス)の3社共同で、地域創生に関わる活動の企画・運営を支援する共同プログラム「地域エディットプランディング」をスタートしました。

他メディアをはじめとする様々な企業・団体と連携しながら地域のビジョン開発、産品開発、文化・観光振興、定住促進、シティプロモーションなど様々な各地域の多種多様な課題に対応したプログラムを開発、提供していく予定です。

リリースはこちらから。

●LoCoBra
博報堂は、地域のステイクホルダーとの共創から始まる地域ブランドづくりを推進しています。『LoCoBra』(地域共創ブランディング)では、まず地域のブランディングコミュニティを育成し、地域の方々がブランディングのプロセスに参加していただく中から、共創ビジョンをつくり、それに基づいた産品開発や、文化・観光促進、シティプロモーションなどを行っています。

●Colocal
Colocal』は、“ローカルを学ぶ、暮らす、旅する”をテーマに、マガジンハウスが運営するWEBマガジンです。メディアで活躍するクリエーター、地域プロジェクトに関わる人々、地域の人々とネットワークを結び、地域プロジェクト、観光情報、地域のライフスタイル、食文化、ものづくり、移住定住、イベントなどの記事やニュースを毎日発信。Eコマース「コロカル商店」、ツアー誘客「コロカルツアーズ」など、“機能する”メディアでもあります。

第1弾として、兵庫県豊岡市の移住戦略プロジェクト「TOYOOCOME!(トヨオカム)」がスタートしました。地域と共創していく新しいプログラム「地域エディットブランディング」の今後にどうぞご期待ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連事例

三重の魅力を発信するポータルサイト「つづきは三重で」を公開

2016.11.22

三重の魅力を発信するポータルサイト「つづきは三重で」を公開

オズマピーアールが支援する三重県庁の認知度向上プロモーション企画「つづきは三重で」のポータルサイトがオープンしました。オズマピーアールでは、本サイトのリニューアルに伴うプロデュースから今後のコンテンツ企画のワークショップ等の支援を通じて、三重の魅力発信をサポートしています。

2016.11.22広報担当
京都府プレスセミナー「森の京都」首都圏メディア説明会:過去最高人数動員の秘訣とは?

2016.04.22

京都府プレスセミナー「森の京都」首都圏メディア説明会:過去最高人数動員の秘訣とは?

オズマピーアールで実施した自治体セミナー史上、最高人数を動員した『京都府プレスセミナー:「森の京都」首都圏メディア説明会』。クライアント・メディア・住人の“三方良し”を実現したセミナー、その成功の秘訣をご紹介します。

2016.04.22地域ブランディングチーム 野島 優美、土屋 彩、楯 友紀
戦略PR事例「全国に話題が拡散する地方自治体PRの仕掛けとは」

2015.08.17

戦略PR事例「全国に話題が拡散する地方自治体PRの仕掛けとは」

オズマピーアールの「地域ブランディングチーム」では、全国の地方自治体のPRを戦略的にサポートしています。多数の実績のなかから、行政とアート作品の異色の組み合わせを実現し、全国的な話題になったPRイベントの事例をご紹介します。

2015.08.17広報担当
東京R不動産とUR都市機構の書籍『団地を楽しむ教科書 暮らしと。』の企画・編集・PR・イベント運営を担当

2015.03.03

東京R不動産とUR都市機構の書籍『団地を楽しむ教科書 暮らしと。』の企画・編集・PR・イベント運営を担当

オズマピーアールが企画・編集した、東京R不動産とUR都市機構の共著『団地を楽しむ教科書 暮らしと。』(青幻舎)が、2015年3月3日発売されました。本書は、歴史的背景やノスタルジックなイメージで語られることが多かった「団地」を、ライフスタイルの観点から見直した、新しい団地の暮らしの教科書です。

2015.03.03広報担当
愛媛県松山市のシティプロモーション事業、フリーペーパー『暖暖松山』の企画・編集・制作・配布

2012.01.16

愛媛県松山市のシティプロモーション事業、フリーペーパー『暖暖松山』の企画・編集・制作・配布

オズマピーアールの制作した松山市のフリーペーパー『暖暖松山(だんだんまつやま)』が1月16日に発刊されました。このフリーペーパーは松山市のシティプロモーションの一環として展開し、同誌を通じて首都圏をはじめ全国的な知名度・魅力度や都市イメージの向上を図ることを目的としています。

2012.01.16広報担当
「宇都宮市 都市ブランド戦略プロジェクト」にて2011年度「PRアワード グランプリ コーポレート・コミュニケーション部門 最優秀賞」を受賞しました。

2011.12.05

「宇都宮市 都市ブランド戦略プロジェクト」にて2011年度「PRアワード グランプリ コーポレート・コミュニケーション部門 最優秀賞」を受賞しました。

市民が自分たちの住む街をもっと愛し、誇りに思うために、「宇都宮という街の価値」の「発見」、「共有」、「創造」を、市民とともに徹底的に実施。「住めば愉快だ宇都宮」のブランドメッセージを核に、「愉快なまち」のシーズを市民の確信につなげることで、市民・企業・行政・団体が一丸となり、それぞれが「愉快なまちづくり」に取り組み続けました。

2011.12.05広報担当
「能登空港PR」にて第11回日本PR大賞「PRアワードグランプリ 日常広報部門 優秀賞」を受賞しました。

2009.01.20

「能登空港PR」にて第11回日本PR大賞「PRアワードグランプリ 日常広報部門 優秀賞」を受賞しました。

オズマピーアールが能登空港のPRをお手伝いし始めたのは2007年。飛行機を使って能登に来てもらうために、かに・寒ぶり等の食に代表される能登の魅力を伝える観光PRを中心に活動してきました。2008年は地方空港逆風をフックに、能登空港独自の取り組み(「能登モデル」)をアピール、成功事例として多数のメディアに取り上げてもらうまでになりました。

2009.01.20広報担当

一覧を見る

メンバーインタビュー
MEMBER INTERVIEW

詳しくはこちら

メンバーインタビュー
“メンバーインタビュー“
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

お電話での各種お問い合わせはこちら

03-4531-0229 03-4531-0229

(受付時間/土日祝日を除く10:00~17:00)

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

お電話での各種お問い合わせはこちら

03-4531-0229 03-4531-0229

(受付時間/土日祝日を除く10:00~17:00)

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220