サステナビリティコミュニケーションチーム 社会価値と経済価値向上を
コミュニケーションで支援します

CSR/CSV/ESG/SDGsなど持続可能な社会の実現に向けた企業の取り組みをコミュニケーションで支援するオズマグループのプロジェクトチームです。サステナビリティに精通し、コーポレートPR・社内広報・デジタル/SNSなどの実績豊富なPRパーソンが集い、戦略立案から実施までワンストップで手掛けます。生活者や社員、取引先、投資家などマルチステークホルダーからの評価や共感を獲得し、企業の価値を高めます。

サステナビリティコミュニケーションチームとは

気候変動問題対策や循環型社会の実現、調達や労働環境における人権尊重など、グローバルイシューへの対応や日本におけるさまざまな社会課題の解決まで、持続的に発展する社会の実現に向けて企業の果たすべき役割は日々高まっています。社会や環境に与える負の影響を低減するだけでなく、あるべき未来の実現に向け、経営の中核に位置付けた積極的な取り組みを、生活者や取引先、投資家、現在や未来の社員など、企業を取り巻くさまざまなステークホルダーに理解してもらい、評判を高めていく必要があります。そのためには情報の適切な開示・発信に留まらず、国内外の潮流や市場の動向を踏まえた戦略的なコミュニケーション設計と実行力が求められます。

私たちは、国内外のサステナビリティの潮流やイシュートレンドを把握するとともに、パブリックリレーションズの実務経験を豊富に持つ、サステナブルコミュニケーションのプロフェッショナルチームです。有識者とのネットワークを駆使しながら、企業のサステナブルな取り組みの情報戦略設計、ストーリー開発、メディアやSNSを駆使したコミュニケーションにいたるまで支援し、企業とステークホルダーとの良好な関係を構築します。企業・ブランドの“らしさ”とソーシャルイシューを掛け合わせたシンボリックアクションの開発、運営も提供。企業の社会価値と経済価値の向上をコミュニケーション領域において支援し、実現します。

また、当チームでは、サステナビリティに関するコミュニケーションのあり方を考えるコミュニティ「サステナビリティコミュニケーションサロン」を運営。企業がコミュニケーションにより社会とどのようにつながるべきかを考えるセミナーや勉強会を、外部専門家を招聘し定期的に開催しています。

サービス内容

企業広報領域を中心とした
サステナビリティコミュニケーションのコンサルティング

自社・競合社のサステナビリティ活動、特定の社会課題の調査・分析

情報ストーリー、
トップメッセージ開発支援

社外に向けた
コミュニケーション戦略立案・実行支援

経営層や社員の
サステナブルマインドの醸成支援

CSV/CSRアクションの開発・実行

サービス概要について詳しくはこちら

メンバー

三樹 祐司

2007年ピーアールコンビナート㈱入社。入社当初から企業や団体の社会課題を起点としたコミュニケーションを専門として従事。大手企業・団体のコーポレートコミュニケーション、レピュテーション形成型プロジェクトやCSR、CSVコミュニケーション支援で活躍。幅広い業界において戦略立案、情報開発、外部団体やオピニオンを巻き込んだコミュニケーション環境の提供に取組む。現在、オズマグループ 社会潮流研究所 研究員としてSDGsにおけるコミュニケーションにおける戦略指標を研究。

加藤 雄一

大手証券会社でキャリアを積んだ後、出版社の広告営業として企業のCSRコミュニケーションなどを担当。当社では、再生可能エネルギー領域や、大手メーカーのサステナビリティ関連事業広報などに従事。ソーシャル・ファシリテーターとして企業と地域との合意形成や、企業のインターナルコミュニケーションも担当する。英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー/CSRエキスパート

蜷川 昭文

ピーアールコンビナート㈱代表取締役。企業広報、CSR/CSV活動、専門家・団体対策など、経営戦略に基づくコミュニケーション戦略の設計・実行を数多く手掛ける。企業の本質的な社会価値を見定めたあるべき姿のコンサルティングから、あらゆるコミュニケーション手法を駆使した解決策まで、幅広い領域経験をベースに対応。特に市民視点を大切に、共感を創り・育て・拡げ・繋げるパブリックリレーションズで企業と社会の課題解決を目指す。

髙田 太郎

まちづくりの核として地域の活力を生み出す多数の商業施設広報を統括。また自治体広報の専門家として、持続可能なまちづくりに向けた戦略策定や、観光促進・文化振興・産品消費拡大などの領域において多数の実績を有す。地域の持続的な発展を目指した市民共創型の仕組みづくりの経験が豊富。サステナブルビジネスメディアと事業開発を推進。経営学修士。

二味 崇

広告制作会社のデジタル部門にて、デジタルプロモーションのプランニング、SNSマーケティングの戦略設計から、ディレクション/エグゼキューションのキャリアを蓄積。当社では、培ったデジタル・SNS領域の知見やスキルとPR発想を掛け合わせ、CSV経営に取り組むメーカーのマーケティングPRや、商業施設ではイベントPRを中心に今後のサステナビリティ活動のサポートにも着手。

竹内 里紗

商業施設や一般消費財をはじめ、IT、伝統芸能関連など幅広い領域の広報案件を担当。ESGに関する潮流を捉え、大手ディベロッパーのエリア開発事業の情報設計にも従事。互いの多様性を尊重し合う「カラフルオズマ」という会社の文化・価値観のもと、柔軟な社会を作り上げる一助になりたいという想いを胸に、生活者視点と社会の変化を意識したコミュニケーションプランニングに取り組む。

企業の実務担当者に向けた
「サステナビリティコミュニケーションサロン」

企業の“サステナビリティコミュニケーション”のあり方をともに考え、刺激しあい、発展しあう、さまざまな人・情報が交流するコミュニティ「サステナビリティコミュニケーションサロン」を運営しています。企業・団体が取り組む活動をコミュニケーションのチカラで支援することで、社会とのより良い関係を築くことを目的としています。企業のサステナビリティ推進担当や経営企画、広報、広告宣伝、マーケティングなどの実務担当者を対象に、SDGsの達成やサステナビリティを推進するうえで、どのように社会とつながるべきかを考えるセミナーや勉強会を、外部専門家を招聘し定期的に運営しています。

お問い合わせ

pagetop