オズマコンサルティング コミュニケーション×
専門分野で
課題解決を支援するパートナー

オズマコンサルティングは、コミュニケーション領域のコンサルティングサービスを提供する専門チームです。それぞれの知見を武器に、クライアントの3つの課題にコミットします。

  1. 経営層の判断・メッセージ発信が必要な「経営課題」
  2. レピュテーション・コントロールが必要な「イシュー・リスク・クライシス課題」
  3. 政府や非営利組織など非市場領域のステークホルダーとの折衝が必要な「ルール形成課題」

オズマコンサルティングは
イシュー分析力を軸に、リスク/ルールの専門家が
最適なコミュニケーション・コンサルティング・サービスを提供します。

〈 クライアント 〉
経営層/レピュテーション/非市場領域に関する課題

リスク

  • ●メディアトレーニングを起点とした対話型のメッセージ構築
  • ●迅速かつ的確なリスクマネジメント

イシュー

  • ●新しい社会課題に起因するリスク対応(キャンセルカルチャーなど)
  • ●新しい社会課題への価値観・スタンスの表明

ルール

  • ●ステークホルダーとのネットワーク構築およびアドボカシー戦略
  • ●経済安全保障への対応アドバイス
〈 社外パートナー/業務提携先 〉

オズマコンサルティングの
提供サービス

手厚いサポートで、多くの企業・団体に選ばれています

官公庁、公的機関及び企業において、年間100件近いセミナーやトレーニング、危機管理広報コンサルティングを手がける当社は、 メディア出身者と企業広報のプロによる豊富な知見と手厚いサポートが強みです。

危機管理広報事例

  • 飛行機・道路関連などの交通インフラ領域の事件・事故対応
  • 食中毒事件、異物混入事故などの食の安全対応
  • 医薬品の欠品問題、化粧品品質不良問題などのヘルスケア領域の危機対応
  • 個人情報流出、セクハラ事件、怪文書騒動などの一般リスク対応
  • 特殊ジャーナリズムや市民運動などが企業に与える影響のデプス調査
  • 経営陣内紛・特許訴訟などの経営リスクコンサル
  • ネット上の噂拡散・風評被害対策などのネットリスクコンサル

メディアトレーニング事例

  • 中央省庁、地方自治体、独立行政法人の幹部職
  • 航空会社、高速道路会社、ヘルスケアの社長・役員
  • 食品・飲料、メーカー、IT企業の社長・役員
  • 国立大学・私立大学の学長・理事 ほか

ルール形成コミュニケーション事例

  • シェアリングエコノミ―普及のための中央・
    地方自治体向けアドボカシー活動
  • IT/テック企業に対する規制に向けた調査・アドボカシー活動
  • DX推進に関する業界団体運営サポート
  • 経済安全保障に関する議員連盟運営サポート
  • 国際リニアコライダー建設誘致に向けたアドボカシー活動
  • 性感染症予防施策のモニタリング・アドボカシ―活動
  • 慢性疾患の対策基本計画に関するアドボカシー活動
  • 不妊・不育治療における保険適用・環境整備に関するアドボカシー活動
  • 医療的ケア児の在宅リハビリテーション推進と課題に関する調査
  • 製薬企業渉外担当者向けトレーニング

イシュー/リスク/ルールの専門家が貴社の課題解決をサポートします

西山 卓

全国紙記者として事件事故や行政取材などを経験した後、オズマピーアールに入社。新聞記者とPRコンサルタントとしての経歴を背景に、メディアと企業広報の双方に通じたハイブリッド人材として活動。
最近では、「経営に、コミュニケーション力を。」をミッションに、年間100人近い経営幹部に対峙。経営課題と事業ステージに合致したコミュニケーション戦略を立案し、攻めのPRから守りの危機管理広報までハンズオンで提供。経営×コミュニケーション領域におけるディスカッション・パートナーとして、幅広いクライアントから高い評価を受けている。

◇ ロンドン大学大学院開発学研究科修士課程修了 / ◇ 中小企業診断士
◇ 多摩大学ルール形成戦略研究所客員研究員 / ◇ 早稲田大学商学部 招聘講師(PR論)

井上 優介

衆院議員事務所にてインターン。国際NGOにて、アドボカシー活動のプロボノ経験あり。メディアの編集委員・編集長クラスに加え、NGPOといったソーシャルセクターや政治家・官僚といったポリシーセクターに広くネットワークを持ち、パブリックアフェアーズ、アドボカシーが専門分野。社会課題と企業・団体の課題を掛け合わせた「ルール形成戦略」キャンペーンの立案・実施を得意とする。
行政や地方自治体をはじめ、観光、商業施設、日用品、食品、製薬、ITなど幅広い分野のPRプロジェクトでプロジェクトリーダーを務める。

◇ 多摩大学ルール形成戦略研究所客員研究員

佐藤 剛

大手化学・化粧品メーカーにて病院・福祉施設向け製品の営業を経験後、マーケティング部門にてブランドマネジャーと営業戦略立案、研究開発部門にて新規事業としてアプリとクラウドサービスの開発マネジャーを務める。​​
当社入社後は医療・ヘルスケア領域にて、メーカー・医療機関・NGOなど多様なクライアントの広報組織立ち上げ、ブランディング、会見・発表会、リスク・クライシスコンサルティングなどコーポレート領域を中心に従事するほか、プロボノで患者会も支援する。

MBAを保有し、NPO職員も経験するなど、営利・非営利問わずマネジメント・マーケティング・広報の知識と実務経験を持つ。

社外パートナー/業務提携先

オズマピーアールはPR会社としての世論形成力に加え、政策構想力やネットワーク力を融合・強化させるべく、専門性の高い組織と業務提携しています。必要に応じてこれらの組織と連携し、ルール形成コミュニケーションをワンストップで提供します。

多摩大学ルール形成戦略研究所(CRS)

日本で唯一の「ルール形成戦略」に関する研究所。政産官学の垣根をこえた知見の集積と、世界各国の専門家や有識者とのネットワーク構築を通じて、日本企業および国家のルール形成戦略機能の抜本的な強化と、それに基づく国際競争力の持続的な向上に寄与することを目指しています。

政策分析ネットワーク

立法(政治)・行政(中央省庁/地方自治体)・企業・大学・シンクタンク・マスコミ・NGO・有識者などの政策関係者間で結成された官民連携型政策プラットフォーム。シンポジウムなどを開催し、政策課題を幅広く議論する場をつくっていきます。

グラミン日本

2006年にノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス博士により設立されたグラミン銀行の日本版。企業、NPO、金融機関、コンサルティングファーム出身者を中心に、各分野の専門家などの有志が参画し、「貧困のない、誰もが活き活きと生きられる社会」を目指しています。

pagetop