社会潮流研究所について

社会潮流研究所は、ビジネスシーズの発掘から、調査研究、事業化までをワンストップで行う社内インキュベーション組織として2019年に設立されました。テクノロジーの進展や社会環境の変化にともない、組織のコミュニケーションニーズが多様化しております。そのような中で、社会潮流研究所は、従来のPRサービスにとらわれない、社会課題の解決を目指す新たなコミュニケーションサービス創造へのチャレンジを目的としております。
また、2020年より「社会潮流」をテーマにした調査研究もスタートさせました。世の中に渦巻く上辺の情報だけではなく、生活者の深層心理も対象として、時代の動きの正確な把握を目的とした調査研究を行っております。
社会潮流研究所は、社内インキュベーション組織として世の中に価値のあるサービスを構築し、調査研究を通して「社会潮流」の正確な把握、提供価値の向上に努めてまいります。

「社会潮流」の言葉に込められているのは

世の中のさまざまな動きの深層には人々の価値観や世の中の規範があります。その価値観や規範が変化することで今までの既成概念とは異なる「新たな問い」が生まれ、その問いを共有する人が増えていくことで「新しい当たり前」が形作られるものと当研究所は考えております。「社会潮流」とは、社会の深層に流れる人々の価値観や規範の連続的な変化を意味しており、この「社会潮流」を把握することで生活者を深く理解することができるという考えのもと社会潮流研究所を運営しております。

社会潮流研究所 所長 中尾 敏弘 (株式会社オズマピーアール 代表取締役社長)

PR会社としての「社会潮流」理解の必要性

昨今、生活者を取り巻く情報環境は急速に多様化し、コミュニケーションのあり方も一昔前の考えは通用しない時代となりました。オズマグループは、社会・生活者・企業、団体との良好な関係構築により課題を解決し、生活者の暮らしを豊かにするパブリック・リレーションズの専門家集団です。この「PR」を生業とするわれわれだからこそ、社会の潮流を読み取り、生活者から共感される本質的な価値を見つけることが必要不可欠となります。世の中に渦巻く上辺の情報ではなく、生活者の心の機微を感じ、時代の動きを見定め汲み取る。そこから新しい問い(「?」)が生まれ、この「?」を起点とした小さなウズは、仮説や検証を繰り返すことで、これまでの常識をうがち、多くの人を巻き込み、大きな“うねり”を創りだすことになることでしょう。
この想いを具現化する組織として立ち上げたのが、「社会潮流研究所(通称ウズ研)」です。私たち「社会潮流研究所」は、生活者の豊かな生活につながる新たな価値を提供できるよう、複雑に変化する社会課題に取り組み、ポジティブな変革を仕掛けてまいります。

コミュニケーションの各分野を専門とする社外アドバイザーが参画

各プロジェクトの社会的意義や事業性の評価など、
プロジェクトのフェーズに応じたアドバイスなどのご支援をいただいています。

上野 征洋

静岡文化芸術大学名誉教授

法政大学講師、研究機関役員を経て、2000年静岡文化芸術大学教授、同副学長、2010年名誉教授。2012年、事業構想大学院大学副学長、2017年社会情報大学院大学学長を歴任。社会活動として、日本広報学会理事長を経て、現在同学会顧問。内閣府広報効果評価委員会座長、科学技術会議専門委員の他、農水省、国土交通省、経済産業省、環境省の審議会・研究会委員、東京都、静岡県、尼崎市などの自治体でも委員を歴任。『コーポレイトコミュニケーション戦略の理論と実践』『文化政策を学ぶ人のために』『市民力』ほか著書、論文多数。

藤代 裕之

法政大学社会学部メディア社会学科 教授
ジャーナリスト
法政大学大学院 メディア環境設計研究所 所長

1996年徳島新聞社に入社。社会部で司法・警察、地方部で地方自治などを取材。文化部で、中高生向け紙面のリニューアルを担当。2005年goo(NTTレゾナント)。gooラボ、新サービス開発などを担当。関西大学総合情報学部特任教授(2013-15年)。著書に『ネットメディア覇権戦争 偽ニュースはなぜ生まれたか』(光文社)、編著に『フェイクニュースの生態系』(青弓社)、『地域ではたらく「風の人」という選択』(ハーベスト出版、第29回地方出版文化功労賞・島根本大賞2016)など。

石寺 修三

博報堂生活総合研究所 所長

1989年博報堂入社。マーケティングプラナーとして得意先企業の市場調査や商品開発、コミュニケーションに関わる業務に従事。以後、ブランディングや新領域を開拓する異職種混成部門や、専門職の人事・人材開発を担当する本社系部門を経て、2015年より現職。著書に『生活者の平成30年史』(共著・日本経済新聞出版社・2019年)。法政大学 非常勤講師。

実施プロジェクト

ナッジプロジェクト

PR会社初のナッジユニットを結成。オズマピーアール独自の社会デザインメソッドに学識者の知見を掛け合わせ、ナッジコミュニケーションのコンサルティングサービスやナッジの研修コンテンツを提供しています。

Mentaプロジェクト

Mentaは、社内における全ての人々(ステークホルダー)との良好な関係の構築というPR発想から生まれた従業員の幸福度を支えるサービスです。
変化を続ける新しい働き方の時代に働くすべての人が、仕事上のモヤモヤをコトバにすることで可視化し、互いにシェアしあうことで、“個人の課題を会社ゴト化”して、解決のキッカケを生み出していきます。

親⼦・逆授業参観プロジェクト

「さまざまな企業がSDGsに力を入れているが、普段の生活の中ではどこか他人事に感じる」という問題意識に基づいて、生活者が自分ゴト化でき、当たり前のようにSDGsに参加できる取り組みを行っております。ターゲットを「家庭」と「親⼦関係」に設定し、⼦どもの⽬線から親へ、⽣活者のSDGs意識の変容を促します。

瀬⼾内造船家具プロジェクト

瀬⼾内の古材アップサイクルで、あたらしい経済圏を作ることを⽬指します。新商品の企画製造、販売チャネルの開拓、 D2Cサイトの⽴ち上げ、愛媛・瀬⼾内エリアの連携と⼀連の流れを担い、造船古材の新しい活⽤⽅法を企画・展開します。

お問い合わせ

pagetop