制作/クリエイティブ

ウェブ、紙媒体など編集経験豊富なクリエイティブチームが、
クライアントの課題や意志と向き合い、伝えたい対象へはたらきかけ、
カタログ、書籍、動画、ウェブなどのメディアや、イベント、ツアーなどの
企画・制作を行います。

制作/クリエイティブ

「つくる」を通じて、
エンゲージメントを育むクリエイティブ

伝えたい相手との関係性の質を上げ、絆を深めていくために。
オズマピーアールのクリエイティブチームは、事業やプロジェクトの目的達成に向け、物語性を軸としたものづくりを通じ、企業や自治体と、届けたい相手(ステークホルダー)とのエンゲージメントを育みます。

大事なことは、伝えたいことに関わる人のこえを聞くこと。インタビューや取材で丁寧にこえをひろい、価値や物語を顕在化すると共に、伝え方やつくり方、さらに使われる場面も想定し、ものづくりに落とし込むことで、届けたい相手の意識や行動に働きかけ、人に伝わるものになっていきます。そうしてできたマテリアルは、時や場所を超えて、伝えたい人と届けたい相手をつないでいきます。

また、社内の幅広い業種の特化領域チームと連携し、専門知識を生かしたクリエイティブがワンストップでできることも特徴のひとつ。地域ブランディングチームと共に「自治体」と「移住希望者」、ヘルスケアチームと共に「医療従事者」と「患者・家族」など、専門性を生かしながら、さまざまな人たちの間に新たな関係性をつくり出すクリエイティブを提供します。

実績

メディア制作

  • ローカルライフ・ウェブマガジン『雛形』 企画・編集(オープン:2015年1月)

    ローカルライフ・ウェブマガジン『雛形』 企画・編集

    オズマピーアールが企画・運営するオウンドメディア、ローカルライフ・ウェブマガジン『雛形』。地域で暮らす人を主人公に、地域の暮らしや働き方を紹介。日本各地のネットワークを持つ。

  • フリーマガジン『hinagata magazine』企画・編集・発行(発行:不定期)

    フリーマガジン『hinagata magazine』企画・編集・発行

    ローカルライフ・ウェブマガジン『雛形』が、年1回発行しているフリーマガジン。紙だからこそ伝えられる情報をまとめ、日本全国約300カ所のゲストハウス、カフェ、書店などで配布。

  • 「奥能登国際芸術祭」公式フリーマガジン『おくノート』 企画・編集(発行:2016年〜2017年8月/全4号)

    「奥能登国際芸術祭」公式フリーマガジン『おくノート』 企画・編集

    石川県・能登半島の一番奥に位置する珠洲市で、2017年秋に開催された「奥能登国際芸術祭」。開催約1年半前より、地域の人と魅力を発掘し、関係性をつくりながら制作した。

地方自治体の制作物

  • 宮崎県日之影町・ロゴ制作、フリーマガジン・新聞・イベント 企画・編集(発行:2017年2月)

    宮崎県日之影町・ロゴ制作、フリーマガジン・新聞・イベント 企画・編集

    ローカルライフ・ウェブマガジン『雛形』の日之影町移住特集を再編集し、観光要素を加えたフリーマガジンを発行。同時に東京でイベントを開催し、実際に町の魅力を体験できるよう、トークセッションや地元の食材をふるまった。また、町の日常の情報を発信する新聞をウェブにて定期発行した。

  • 兵庫県豊岡市・移住ガイドブック「飛んでるローカル豊岡」 企画・編集(発行:2016年8月)

    兵庫県豊岡市・移住定住ガイドブック「飛んでるローカル豊岡」 企画・編集

    移住定住促進のために、市外の人へ地域の魅力を伝えるだけではなく、地元の人たちが自分が暮らすまちに誇りを持つきっかけになるように、ソトとウチの目線を入れて制作した移住ガイドブック。

コミュニティ共創型の制作物

  • 東京都町田市・子育てブランドブック「母がつくるまちだから」 企画・編集(発行:2016年11月、2017年11月)

    東京都町田市・子育てブランドブック「母がつくるまちだから」 企画・編集

    子育て支援を推進する町田市のブランドブック。編集チームに、市内で暮らすお母さんたちが入り、具体的な経験や意見をもとにコンテンツを制作。第三者の視点だけではなく、市民自身が、市内外の人に向けて子育て環境をピーアールする構成で制作。

  • 兵庫県豊岡市・移住オウンドメディア「飛んでるローカル」市民編集部 設立支援・運営サポート(実施:2016年1月)

    兵庫県豊岡市・移住オウンドメディア「飛んでるローカル」市民編集部 設立支援・運営サポート

    ライティング講座や模擬取材をする等の編集ワークショップを実施し、市民が情報を定期的・継続的に発掘・記事化できるプラットフォームを制作。市民だからこそ、市民にしか分からないリアルな情報を発信できる仕組みづくりをサポートした。

イベント・ツアー企画

  • 『雛形』編集部主催・移住者交流イベント「スナック 雛形」 企画・実施(実施:2016年3月、2017年3月)

    『雛形』編集部主催・移住者交流イベント「スナック 雛形」 企画・実施

    移住に興味がある人たちに向けて、ローカルライフ・ウェブマガジン『雛形』でインタビューした移住者をゲストに、読者約100人を招き、スナックに見立てたイベントを開催。郷土料理と地のお酒をふるまい、移住者と移住希望者が相互に情報交換できる場に。

  • 栃木県宇都宮市・二拠点生活推進交流イベント、現地体験ツアー「うつのみやらしく」 企画・実施(実施:2016年11月、2018年2月)

    栃木県宇都宮市・二拠点生活推進交流イベント、現地体験ツアー「うつのみやらしく」 企画・実施

    宇都宮市との二拠点生活推進をテーマに、宇都宮でのくらしに興味のあるひとが宇都宮市と接点をもてるよう、移住者や地元で活動しているひとをゲストに東京で交流イベントを実施。また、地域の人と実際に触れ合ってもらうため、現地を訪れるツアーも企画・実施した。

書籍の企画・編集

  • 書籍『暮らしと。』(著・東京R不動産/監修・UR都市機構) 企画・編集、書籍PR、発売記念イベント企画・運営(発行:2016年3月)

    書籍『暮らしと。』(著・東京R不動産/監修・UR都市機構) 企画・編集、書籍PR、発売記念イベント企画・運営

    歴史的背景やノスタルジックなイメージで語られることが多かった「団地」を、ライフスタイルの観点から見直した、新しい団地の教科書を編集。発売前から空気を作る書籍PRや発売記念イベント実施など、書籍の編集からワンストップで制作を行った。

  • 書籍『団地のはなし』(著・東京R不動産/監修・UR都市機構)、発売記念イベント 企画・編集・運営(発行:2017年3月)

    書籍『団地のはなし』(著・東京R不動産/監修・UR都市機構)、発売記念イベント 企画・編集・運営

    小説、エッセイ、対談、漫画、詩など、団地にまつわる“はなし”をまとめた書籍。情報としてではなく、物語として伝えることで、団地の風景が記憶に残る一冊に。著者をゲストに、発売記念イベントも企画・実施した。

  • 書籍『サムガールズ』(著・じろう(シソンヌ)/ヨシモトブックス) 企画・編集(発行:2018年8月)

    書籍『サムガールズ』(著・じろう(シソンヌ)/ヨシモトブックス)企画・編集

    ローカルライフ・ウェブマガジン『雛形』で連載した妄想短編小説「あの子が故郷に帰るとき」の書籍化。実在する10人の女性の半生を妄想で描いた、芸人シソンヌ・じろう初の短編小説。

その他

  • 博報財団こども研究所・みらリポ2017『地域まるごと学校だ!』/みらリポ2018『みつばちが教えてくれたこと』 企画・編集(発行:2017年3月、2018年3月)

    博報財団こども研究所・みらリポ2017『地域まるごと学校だ!』/みらリポ2018『みつばちが教えてくれたこと』 企画・編集

    博報財団こども研究所が行う子どもたちの「ことばの力」、「未来を生きる力」に関連する調査・研究・実践の様子を、小学校の実際の授業に1学期間参加しながら取材し、編集・制作した。

  • 大分県別府市「ベップニュースタンダード」ブランドブック、ウェブサイト 企画・編集(発行:2018年11月)

    大分県別府市「ベップニュースタンダード」ブランドブック、ウェブサイト 企画・編集

    大分県別府市でおみやげ品を作る事業者のチーム「ベップニュースタンダード」のブランドブックとウェブサイトを制作。作り手と買い手をつなぐコミュニケーションツールとして、アイテム紹介だけでなく、町の魅力や作り手の声を伝えるものに。

  • 東京都町田市忠生エリア・アートプロジェクト「YATO」のカード、パンフレット 企画・編集(発行:2018年7月〜)

    東京都町田市忠生エリア・アートプロジェクト「YATO」のカード、パンフレット 企画・編集

    谷戸(やと)とよばれる、特徴的な地形をプロジェクト名にした、町田市忠生(ただお)エリアの“500年のCOMMONを考える”アートプロジェクト、「YATO」。地元の人への聞き書きや史実に基づきツールを制作。

  • 伊勢外宮参宮みやげプロジェクト「伊勢の道しるべ」 企画・編集(発行:2018年12月)

    伊勢外宮参宮みやげプロジェクト「伊勢の道しるべ」企画・編集

    月、水、土、風、火、石、木、食の8つのシンボルを、言語、文化、歴史、人類学的観点から紐解き、それらにまつわる伊勢神宮外宮内の場所を紹介する「伊勢の道しるべ」。由緒などを知らずに訪れた人たちが、手にとって意識のスイッチが入るものを目指し制作。伊勢市駅前の観光案内所やお土産屋さんなどで配布。

メンバーインタビュー
MEMBER INTERVIEW

詳しくはこちら

メンバーインタビュー
“メンバーインタビュー“
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)
はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220