ルール形成コミュニケーション(パブリックアフェアーズ)

PR会社が得意とする企画力や世論形成力、多様なセクターを繋げる
結合力を活かし、ルール形成を計画段階からアウトリーチまで
ワンストップでサポートします。

ルール形成コミュニケーション

多様なステークホルダーと連携し、社会課題を起点とした大義あるルール形成を展開

テクノロジーが進化し、ビジネスが多様化する中で、既存のルールがビジネスの妨げとなるケースや、逆に事業継続の砦としてルールの維持が求められるケースが増加しています。

「ルール」には、法律・条例のような強制力のあるルール(狭義のルール)だけでなく、法的強制力はないが、自主規制や各種ガイドライン、ある種の「空気」になっている世論や社会規範などの事実上のルール(広義のルール)もあります。

オズマピーアールは「コミュニケーションの力で適切なルール形成を促進する」をミッションに、狭義・広義どちらのルール形成もサポートします。

ルール形成活動プロセス「GSIOモデル」

オズマピーアールのルール形成コミュニケーションは4つのフェーズに分かれます。
それぞれのフェーズで、課題に即したメニューをご提案し、ルールの社会実装を目指します。

ルール形成活動プロセス「GSIOモデル」

多様なステークホルダーへのアプローチ

ルール形成では、ポリシーメーカーといわれる政治家や官僚へのダイレクトなアプローチだけでは不十分です。
PR会社の強みである「連携力」「世論形成力」を活用して、競合や取引先、アカデミアやNGO、消費者や従業員など企業を取り巻く多様なステークホルダーと連携を図ることで、立体的にポリシーメーカーに働きかけ、声を届けていきます。

多様なステークホルダーへのアプローチ

社会課題を起点としたルール形成

自社の利益追求のロビイングではなく、社会課題を起点とした大義あるルール形成を展開。
SDGsやESG投資などとも連携しながら、市場の外にいるステークホルダーに戦略的に働きかけ、自社に有利な環境を整備する「非市場戦略」の一環として取り組みます。

社会課題を起点としたルール形成

業務提携パートナー

オズマピーアールはPR会社としての世論形成力に加え、政策構想力やネットワーク力を融合・強化させるべく、専門性の高い組織と業務提携しています。必要に応じてこれらの組織と連携し、ルール形成コミュニケーションをワンストップで提供します。

多摩大学ルール形成戦略研究所(CRS)

日本で唯一の「ルール形成戦略」に関する研究所。政産官学の垣根をこえた知見の集積と、世界各国の専門家や有識者とのネットワーク構築を通じて、日本企業および国家のルール形成戦略機能の抜本的な強化と、それに基づく国際競争力の持続的な向上に寄与することを目指しています。

政策分析ネットワーク

立法(政治)・行政(中央省庁/地方自治体)・企業・大学・シンクタンク・マスコミ・NGO・有識者などの政策関係者間で結成された官民連携型政策プラットフォーム。シンポジウム等を開催し、政策課題を幅広く議論する場をつくっていきます。

グラミン日本

2006年にノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス博士により設立されたグラミン銀行の日本版。企業、NPO、金融機関、コンサルティングファーム出身者を中心に、各分野の専門家などの有志が参画し、「貧困のない、誰もが活き活きと生きられる社会」を目指しています。

活動実績

オズマピーアールはITやヘルスケア領域を中心に、アドボカシー・調査・事務局運営など、様々なルール形成コミュニケーション(パブリックアフェアーズ)の活動実績があります。

ルール形成の取り組み例
  • シェアリングエコノミ―普及のための中央・地方自治体向けアドボカシー活動
  • IT/テック企業に対する規制に向けた調査・アドボカシー活動
  • DX推進に関する業界団体運営サポート
  • 経済安全保障に関する議員連盟運営サポート
  • 国際リニアコライダー建設誘致に向けたアドボカシー活動
  • 性感染症予防施策のモニタリング・アドボカシ―活動
  • 慢性疾患の対策基本計画に関するアドボカシー活動
  • 不妊・不育治療における保険適用・環境整備に関するアドボカシー活動
  • 医療的ケア児の在宅リハビリテーション推進と課題に関する調査
  • 製薬企業渉外担当者向けトレーニング
メンバーインタビュー
MEMBER INTERVIEW

詳しくはこちら

メンバーインタビュー
“メンバーインタビュー“
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)
はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220