1. ホーム
  2. メンバー
  3. 登坂 泰斗

登坂 泰斗

統合コミュニケーション戦略部 部長

TAITO
TOSAKA

PR視点でのデータ分析から、 SNSなどの話題を構造化し コミュニケーション戦略を作る

外食チェーン・商業施設・日用品などのナショナルクライアントをメインに戦略PRの立案からPRコンテンツの企画開発を手がける。その後、データを活用したPR・広告効果の測定をテーマに、産学連携で研究プロジェクトを発足。現在は統合コミュニケーション戦略部を立ち上げ、PR起点でのクリエイティブディレクションやコミュニケーション戦略の立案を行っている。

専門・活動テーマ

デジタルコミュニケーション、統合コミュニケーション、食品・飲料、商業施設、日用品・消費材

― 広報・PRのデジタル化とは

枠を超えたコミュニケーションが求められる時代、予想外を予想するチカラが求められている

CMだけではモノが売れない、そう言われて久しくなりました。そんな時代に企業はどんなプロモーションを求めているのか。私が広報・宣伝部の皆さんと話すなかでよく聞くのは、広告の枠を超えた、予想外の話題を生むコミュニケーション・プロモーションをやりたいという話です。CMだけではモノが売れにくく、デジタル広告は一定以上の効果を生んできたがどうしても予定調和になってしまう。最適化も大切だけれど、予想を覆すコミュニケーション(狭義にはバズを起こす施策)に挑戦したいという企業のニーズが高まっているように感じます。
そこで、東京大学大学院工学科大澤研究室とともに、産学連携でTwitterトレンドの話題の構造研究などを実施し、話題化の解明を行ってきました。この研究の過程で、なんとなく起きていたバズというものがおぼろげながら見え、実はバズにもいくつかの型があり、再現可能なものであるということが分かってきました。
PRは不確実性が高い印象があり、話題化にもそのような印象が強くありましたが、そこにも一定の法則や型が見えてきたことは驚きでした。話題化を得意とする人が体感的に分かっていたものを、数値やデータに基づいて理解できたことは、汎用性の観点では大きな一歩だったと感じています。

― 専門領域でのPRのポイント、努めていること

戦略とアイデアをフラットな視点で捉える

話題化の構造が分かることと、話題化を再現できることには大きな開きがあります。
それは、アウトプットされるクリエイティブやコンテンツが、話題化の要件を満たせるかということです。これまで左脳的な視点で分析し、話題化の構造をある意味俯瞰で見てきた自分が、今度はより主観的な視点で、ターゲットインサイトに深く入り込み、このクリエイティブは共感を得るか、芯を食ったインサイトを捉えているかを考えなければなりません。俯瞰と主観の頭の使い方は異なっており、冷静な視点で捉えた後に、今度は主観的に考える。その後に出てきたアウトプットのアイデアは、これまで考えてきた戦略や分析と完全一致しないものも多く、ここでどっちに振り切るのかを判断する必要が出てきます。
ここは、自分にもまだ正解は見えていないのですが、分析で見えてきた俯瞰の成功イメージに振り切った方が上手くいくこともありますし、n=1のインサイトに振り切ったアイデアが、戦略を超えることもあります。
ただ、どちらにも寄らず、その時々でフラットに考え、結論を出していく。それが、いつもプロジェクトに携わりながら意識している点になります。

― 目指す未来・目標

自分の型を明確にし、言語化すること

今後は、自分自身の体感値をより高いレベルで上げていくとともに、自分のプランニングやディレクションの型を明確化していきたいと思っています。
なんとなく“何かができる人”ではなく「こういった人は登坂だね」とイメージしてもらえるよう、これからは自分の型を作り、言語化し、周りに知ってもらえるといいなと思います。

― 座右の銘・好きなフレーズ・格言

「人間万事塞翁が馬」

結婚式の3日前に、強盗が実家に入ったとき、そう思いました。
分析とか戦略とか偉そうなことを言いましたが、結局何が起こるか分からないものだよなと思っています。

PROFILE 経歴・プロフィール

ファッション系広告代理店へ勤務後、2013年にオズマピーアール入社。
外食チェーン・商業施設・日用品などのナショナルクライアントをメインに戦略PRの立案からPRコンテンツの企画開発を手がける。その後、データを活用したPR・広告効果の測定をテーマに、東京大学大学院工学系研究科 大澤研究室・キッコーマンと産学連携で研究プロジェクトを発足。現在は、PR発想での統合型コミュニケーション戦略に挑戦する統合コミュニケーション戦略部を立ち上げ。
PR起点でのクリエイティブディレクションやコミュニケーション戦略の立案を行っている。
講師:早稲田大学 商学部特別招聘講師、宣伝会議講師など
受賞:PRアワードグランプリ2021 ブロンズ/シティプロモーションアワード 2021 ゴールド・未来創造賞
東京大学大学院大澤研究室との産学連携プロジェクト
https://seikatsusha-ddm.com/article/11497/

WORKS 活動実績・受賞歴

佐久市 『リモート市役所』 コミュニケーション戦略・クリエイティブディレクション

佐久市 地蔵検診 企画・クリエイティブディレクション

全薬工業『P‘SGUARDローンチプロモーション』コミュニケーション戦略立案・クリエイティブディレクション

  • (『ブレーン』『販促会議』掲載)

空気清浄機ブランド ブランデッドムービー クリエイティブディレクション

受賞歴

  • PRアワードグランプリ2021 ブロンズ受賞
  • シティプロモーションアワード ゴールド・未来創造賞受賞
  • 佐久市 『リモート市役所』

pagetop