コラム

COLUMN

【開催レポート】「SDGsコミュニケーションサロン」設立記念ウェビナー  ~サステナブル・ビジネス・マガジン『オルタナ』の森編集長をお招きして

2020.12.07広報担当

 


【開催レポート】「SDGsコミュニケーションサロン」設立記念ウェビナー

~サステナブル・ビジネス・マガジン『オルタナ』の森編集長をお招きして~


 

 2020年1119日、すでにお知らせしておりました通り、「SDGsコミュニケーションサロン」設立を記念したウェビナーをサステナブル・ビジネス・マガジン『オルタナ』の森摂編集長をお招きして開催しました。当日は、企業でSDGsを担当されている方や、マーケティング/コミュニケーション領域の方を中心に、多数のご参加をいただきました。

 

【PROFILE】

森 摂(もり・せつ)氏

 

株式会社オルタナ 代表取締役社長 兼 オルタナ編集長

武蔵野大学大学院・環境研究科客員教授

2007年3月、環境とCSRと「志」のビジネス情報誌『オルタナ』創刊。

 

三樹 祐司(みつぎ・ゆうじ)

 

ピーアールコンビナート株式会社 執行役員

社会潮流研究所 SDGsコミュニケーション研究員。

 

 

コーディネーター/モデレーター

 

加藤 雄一(かとう・ゆういち)

 

株式会社オズマピーアール ビジネス開発本部 ソーシャル・ファシリテーター

社会潮流研究所 SDGsコミュニケーション研究員。

 

 

 

 「SDGsコミュニケーションサロン」は、企業の“SDGsコミュニケーション”の在り方を共に考え、刺激しあい、発展しあう、様々な人・情報が交流するコミュニティを目指すものです。

 今回のセミナーでは、森編集長よりグローバルの潮流を踏まえ、いま企業に必要なSDGsコミュニケーションのポイント6点について解説をいただきました。

 

 ①「SDGsウォッシュ」を過度に恐れるな

 

 ②「陰徳」は上場企業では通用しない

 

 ③「サスレポ」を作っているだけで良いのか
     大企業でもサステナビリティのページのPVは意外に少ない

 

 ④企業コミュニケーション≒ PR(日本語)

 

 ⑤誰に何を伝えるか

 

 ⑥SDGsランキングをどう捉えるか

 

 続いてオズマグループでSDGsのコミュニケーションを研究している三樹より、企業のSDGs/社会の評判獲得に向けた取り組みについてPR視点からお話いたしました。

 その中で特に意識して持つべきなのは「アウトサイドイン」という考え方。これは『SDG CompassSDGsの企業行動指針 – SDGsを企業はどう活用するか?』の中で提唱された概念であり、従来の「商品」起点の発想(プロダクトアウト)や「市場のニーズ」起点の発想(マーケットイン)を越えて、社会課題起点で、未来の顧客に対して新しい商品やサービスを生むアプローチのことです。

 印象的だったのが、「アウトサイドインは数値目標の設定/定量的な指標を置いたうえで行うべき」という異口同音の指摘。明確に掲げたうえでSDGsコミュニケーションに取り組んでいる企業はまだ少ないので、取り組むならまさに「今」であると同時に、数字で表すことはファクトの積み上げとそれに基づくストーリー構築のうえで絶対に欠かせないポイントとなるからです。

 同じ論点を少しずらすと、活動成果の誇張など、実態に伴わない情報発信を行うと「SDGsウォッシュ」にも繋がりかねず、安易に「SDGsに取り組んでいます」と発信することが、企業のレピュテーションを毀損する可能性もあります。

 森編集長からは、普段から社会やステークホルダーとの真摯な対話を心がけ、目標数値など客観的な指標を掲げているならば過度に恐れる必要はない。それよりも、積極的、高頻度なメディアアプローチが重要かつ効果的・・と、コミュニケーションの重要性が語られました。

 三樹からは、500社以上の統合報告書をリサーチした経験から、数値目標を掲げた活動を報告している企業は非常に少なく、また様々な活動を網羅的に掲載するだけでなく、自社のコアビジネスで社会課題にどう貢献して行くのかを社会に示すことが重要とコメントがありました。

 合わせて自身の研究から生まれた新サービスである、企業が社会へ適切なコミュニケーション施策が図れているか診断・コンサルティングする「SDGs Social Issue Finder」を披露しました。

 質疑応答では、どのようなスタンスが自社にとって効果的なのか。無理のない数値目標をどのように設定すればいいのか。メディアへの効果的な情報発信の手法とは。社内でSDGsを「自分ごと」とするためには。などのご質問を多数いただき、開催時間を延長しての活況となりました。

 今後、「SDGsコミュニケーションサロン」は、企業が抱えるさまざまなコミュニケーション課題の解決を図るため、専門家によるセミナーなどの勉強会や外部ブレーン、会員同士の交流会、SDGsコミュニケーションに関する調査・情報発信などを企画してまいります。広聴機能や発信力の強化、また外部との共創をお考えの際には次回ぜひご参加をいただければと思います。

 


関連リンク

ピーアールコンビナートのサービス:SDGs Social Issue Finder

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

企業は社会課題起因の「新型リスク」に備えよ_新しい社会課題に紐づいたリスクが増加中 企業はリスク対策のアップデートを

2021.11.18

企業は社会課題起因の「新型リスク」に備えよ_新しい社会課題に紐づいたリスクが増加中 企業はリスク対策のアップデートを

「新型リスク」の登場___環境や人権の経営課題化、インターネットやSNSの浸透、ミレニアル世代やZ世代の台頭など社会環境が大きく変化する中で、従来と異なる新しいタイプの企業リスクが出現しています。オズマピーアールではこれを「新型リスク」と定義し、分析を進めています。新型リスクは次の3つの特徴を示します。 ①環境や人権、多様性など新しい社会課題に起因すること、②NPO/NGOやZ世代など新しいアクターが関わること、③オンライン署名やツイッターデモなど新しい手法で展開されること。以下では新型リスクの実態と企業が取るべき対策を考えていきます。

2021.11.18広報担当
コーポレート・コミュニケーションは、何から始めるべき? ―企業の認知度やブランドを向上させる「広報戦略」の重要性―

2021.11.18

コーポレート・コミュニケーションは、何から始めるべき? ―企業の認知度やブランドを向上させる「広報戦略」の重要性―

今回のコラムでは、オズマピーアールが考えるコーポレート・コミュニケーションについてご紹介します。コーポレート・コミュニケーションを強化する際には、一体どのようなことから着手すべきでしょうか? そもそもコーポレート・コミュニケーションとは、日本パブリックリレーションズ協会のホームページから抜粋すると、「社会や消費者に対し、企業の理念や活動内容、情報を伝達する活動」とあります。つまり、企業自体を発信していくコミュニケーション活動を指しています。

2021.11.18広報担当
(1)ルール形成で新たな市場の牽引役となる【後編】“誰も食べたことのない食品”の市場をつくる——培養肉におけるルール形成の道筋

2021.10.08

(1)ルール形成で新たな市場の牽引役となる【後編】“誰も食べたことのない食品”の市場をつくる——培養肉におけるルール形成の道筋

オズマピーアールは2020年6月より、多摩大学ルール形成戦略研究所と業務提携し、ルール形成市場のさらなる拡大と深化に向けて活動を進めています。社会構造の変容が急激に進み、それに伴うルール形成があらゆる分野で課題となっている今、新たな市場を作るためのパブリックアフェアーズへの関心はますます高まっています。第2回は、多摩大学ルール形成戦略研究所客員研究員の吉富愛望アビガイルさんをお招きしました。ルール形成戦略研究所が主催する細胞農業研究会で広報委員長を務める吉富さんと弊社五十嵐が、新しい市場づくりとルール形成について語り合います。

2021.10.08広報担当
(1)ルール形成で新たな市場の牽引役となる【前編】“誰も食べたことのない食品”の市場をつくる——培養肉におけるルール形成の道筋

2021.10.01

(1)ルール形成で新たな市場の牽引役となる【前編】“誰も食べたことのない食品”の市場をつくる——培養肉におけるルール形成の道筋

環境、人権、ジェンダーなど取り組むべき社会課題が山積する中で、ポリシーセクターやソーシャルセクターといった非市場領域と連携し、社会課題解決力を内包したビジネスモデルへの変革を提唱するソリューション「ルール形成」が今、注目されています。私たちオズマピーアールでも、パブリックアフェアーズ(PA)を担当する専門チームを立ち上げ、PAとPRを掛け合わせた「ルール形成コミュニケーション」の提供を開始しています。今回、経営におけるルール形成の必要性をより多くの方にお伝えしようと、弊社PAチームのメンバーがホストとなり、ルール形成の最前線で活躍されている方々をゲストに迎えた対談コラムを複数回に渡ってお届けします。第2回は吉富愛望アビガイルさんをお招きしました。多摩大学ルール形成戦略研究所が創設した細胞農業研究会で広報委員長を務める吉富さんと弊社五十嵐が、新しい市場づくりとルール形成について語り合います。

2021.10.01広報担当
【開催レポート】 第4回SDGsコミュニケーションサロン 廃材からブランドを創る! アップサイクルを成功させる3つのポイント ~瀬戸内造船家具の事例から~

2021.09.27

【開催レポート】 第4回SDGsコミュニケーションサロン 廃材からブランドを創る! アップサイクルを成功させる3つのポイント ~瀬戸内造船家具の事例から~

“SDGsコミュニケーション”の在り方を共に考え、刺激しあい、発展しあうことを目指して様々な人・情報が交流するコミュニティ 「SDGsコミュニケーションサロン」。4回目のセミナーは、「瀬戸内造船家具」プロデューサー・一ノ瀬寿人(弊社所属)が浅川造船株式会社 村上賢司様をゲストにお迎えし、オンラインにて開催しました(2021年9月8日)。

2021.09.27広報担当
コミュニケーション活動に“社会的意義”を取り込む

2021.09.10

コミュニケーション活動に“社会的意義”を取り込む

昨今、SDGsやESGという言葉を日常的に聞くようになってきました。サステナブル(持続可能)な事業活動や貢献を行う企業・組織・団体へのメディアからの注目も高まり、雑誌や新聞のみならずTVでも「SDGsウィ-ク/SDGsキャンペーン」などの企画を目にします。このような環境の中で企業・団体・組織のコミュニケーション活動を行っていく時、私たちが問わなければならないことは“社会的意義”です。

2021.09.10広報担当
(1)今、求められるルール形成戦略【後編】國分俊史氏(多摩大学ルール形成戦略研究所 所長)

2021.09.03

(1)今、求められるルール形成戦略【後編】國分俊史氏(多摩大学ルール形成戦略研究所 所長)

オズマピーアールは2020年6月より、多摩大学ルール形成戦略研究所と業務提携し、ルール形成市場のさらなる拡大と深化に向けて活動を進めています。パブリックリレーション、そして経営戦略を考えるうえで、近年特に注目されている「ルール形成」というキーワード。これからの経営にどう取り入れていくべきなのでしょうか。多摩大学ルール形成戦略研究所所長の國分俊史氏が、社会課題解決と経済安全保障のふたつの軸で読み解きます。

2021.09.03広報担当
【開催レポート】 第3回SDGsコミュニケーションサロン 「今注目される持続可能な海洋経済(ブルーエコノミー)の実現 『サンゴ礁』減少危機から見る企業のリスクとチャンスとは」

2021.09.03

【開催レポート】 第3回SDGsコミュニケーションサロン 「今注目される持続可能な海洋経済(ブルーエコノミー)の実現 『サンゴ礁』減少危機から見る企業のリスクとチャンスとは」

「世の中に新しい『問い』をたてることで、未来をより良い方向に導く」というミッションのもと、企業・団体のコミュニケーション活動を支援するオズマピーアールグループが運営する「SDGsコミュニケーションサロン」。2021年8月5日、第3回目のセミナーはWWF ジャパン サンゴ礁保護研究センター長 小林俊介様、株式会社イノカ 代表取締役CEO 高倉葉太様のお二人をゲストに、また合同会社カルチャークリエイティブ 代表取締役 牛山翔太様をモデレーターにお迎えしオンラインにて開催しました。テーマは6月開催のG7サミットでも採択された「ブルーエコノミー」。 海洋環境に配慮した持続可能な経済の実現は、”海”に関連する企業はもちろん、島国である日本の企業にとってもきわめて重要なテーマとなります。

2021.09.03広報担当
(1)今、求められるルール形成戦略【前編】國分俊史氏(多摩大学ルール形成戦略研究所 所長)

2021.08.27

(1)今、求められるルール形成戦略【前編】國分俊史氏(多摩大学ルール形成戦略研究所 所長)

環境、人権、ジェンダーなど取り組むべき社会課題が山積する中で、ポリシーセクターやソーシャルセクターといった非市場領域と連携し、社会課題解決力を内包したビジネスモデルへの変革を提唱するソリューション「ルール形成」が今、注目されています。 今回、経営におけるルール形成の必要性をより多くの方にお伝えしようと、弊社PAチームのメンバーがホストとなり、ルール形成の最前線で活躍されている方々をゲストに迎えた対談コラムを複数回に渡ってお届けします。1回目は多摩大学ルール形成戦略研究所の國分俊史所長と弊社井上が「ルール形成戦略」について語り合います。

2021.08.27広報担当

一覧を見る

メンバーインタビュー
MEMBER INTERVIEW

詳しくはこちら

メンバーインタビュー
“メンバーインタビュー“
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

案件のご相談・お見積り・資料請求・危機発生時・
その他(協業のご相談、情報提供のご依頼など)
はこちら

危機管理業務のお問い合わせはこちら

03-4531-0220 03-4531-0220